明日葉青汁ランキング

人気の青汁を実際に飲んで、調べて、5つのポイントでランク付け。レビューと共に、おすすめの青汁をランキング形式でご紹介!

青汁比較ランキングTOPページ > 明日葉青汁ランキング

明日葉青汁ランキング

crown

明日葉

明日葉という野菜を知っていますか? 「明日葉の産地は長生きする人が多い」と言われるほど栄養豊富な、太平洋側に自生する日本原産の植物です。明日葉にしかない栄養素が注目を集め、青汁の材料として使われるようになりました。

明日葉青汁には食物繊維のスッキリ効果、成人病予防、アンチエイジング、むくみ解消などが期待されています。

明日葉の青汁、こんな人にお勧め!

  • 1 がんこな便秘に悩んでいる人
  • 2 生活習慣病予防をしたい人
  • 3 むくみを解消したい人
  • 4 免疫力をアップしたい人

そんな明日葉青汁ですが、問題はセリ科独特の苦みと風味。他の素材と組み合わせ、クセを抑えたものならば飲みやすいでしょう。特に大麦若葉とは味の相性が良い上に、明日葉には少ないミネラルを補ってくれるので、最高の組み合わせと言えそうです。明日葉の栄養成分や、相乗効果が期待できる他の素材と組み合わせた人気の青汁について見ていきましょう。

明日葉青汁の特徴

生命力が強いことで知られ、「夕方に摘んでも、明日には新しい芽が生えてくる」ことからその名が付けられたのが明日葉です。

食物繊維はケールの約2倍。すっきり効果に加え食後の血糖値が急激に上がるのを抑えたり、高血圧を予防したりする効果を期待できます。また、粘膜を守りウイルスや雑菌を防ぐのに役立つβ-カロテンも豊富です。

茎を切ると出てくるネバネバした汁に含まれているカルコン、クマリンは明日葉の特有成分。特にカルコンは内臓脂肪を減らす効果があることがヒト試験で確認されています。また、利尿作用があるルテオリンも含有し、むくみ改善にも期待大。こうした明日葉ならではの栄養素があるため、青汁の材料として使われるようになりました。

苦みとクセのある素材なので、単体ではなく大麦若葉などと組み合わせ、飲みやすく調合されることが多いようです。成分面から見ても、明日葉に少ない鉄やカルシウムなどのミネラル分を大麦若葉が補うのは理想的と言えるでしょう。

明日葉青汁選びのポイント

  • 1 明日葉がメイン原料として使われている
  • 2 こだわる人は明日葉の産地にも注目
  • 3 毎日続けるためには飲みやすさを重視

next

明日葉青汁ランキング

明日葉青汁ランキング

青汁比較ランキング2015 年間総合第1位

1位極の青汁(サントリー)

極の青汁(サントリー)

  • 生命力にあふれた明日葉を厳選
  • 明日葉のパワーをギュッと詰め込んで
  • 美味しさ、飲みやすさはナンバーワン
  • 青汁ランク

    評価点数

    レビュー評価 レビュー評価 レビュー評価 レビュー評価 レビュー評価

    CLEAR

    青汁比較ランキング2015 年間総合第1位 極の青汁
    CLEAR
CLEAR

極の青汁 総合レビュー

青汁ランク

評価点数

レビュー評価 レビュー評価 レビュー評価 レビュー評価 レビュー評価

CLEAR

青汁比較ランキング2015 年間総合第1位 極の青汁

明日葉パワーを美味しく取り入れられる青汁

サントリーの極の青汁に使用されている主原料は、大麦若葉と明日葉の2つ。明日葉は生命力が高く、栄養も非常に豊富であるため、最近注目を集めている野菜です。ここ数年、青汁にもよく使われるようになってきましたね。

明日葉には、多くのビタミンやミネラルが含まれているほか、食物繊維や、カルコン、クマリンといったちょっと聞き慣れない栄養素も含まれています。これらは、私たちの健康を守る上で大いに役に立つフィトケミカル、つまり、植物由来の化合物です。

この明日葉の恵みをたっぷりと取り入れているのが、サントリーの極みの青汁。青汁の中では、長年高い人気を誇っている極の青汁が、明日葉をどのように活かしているのかをご紹介しましょう。

質にこだわるサントリーが選んだ明日葉

明日葉は、日本原産のセリ科の野菜です。主に関東地方から九州地方にかけての太平洋側に自生し、古くから薬草として親しまれてきました。その高い生命力で「今日摘んでも明日には生えてくる」ことから、明日葉と名付けられたと言われています。

明日葉には、各種のビタミンやミネラルをはじめ、食物繊維が非常に多く含まれています。ビタミンEは人参の約5倍、食物繊維はレタスの約5倍と、野菜の中でも栄養価が高いことがわかりますね。ケールや大麦若葉と比べても、決して引けは取らない、優秀な野菜なのです。

サントリーの極の青汁に使われる明日葉は、屋久島で栽培されているもの。世界遺産でもある屋久島の豊かな自然がもたらす恵みをたっぷり受けて育つ明日葉は、他の土地のものよりもたくましく、生命力がみなぎっているため、栄養もたっぷりです。

明日葉だけが持つ魅力を活かすために

明日葉の特徴は、なんといってもカルコン、クマリンという、明日葉独自の成分にあります。あまり聞き慣れないこの成分、一体どのように私たちの健康に役立つのでしょうか?

カルコンは「黄金のポリフェノール」とも呼ばれる、明日葉のみが持つ栄養素。明日葉の茎から出てくる黄色い液体の中に含まれる、高い抗酸化作用を持つポリフェノールです。カルコンにはさまざまなはたらきがあると言われていますが、活性酸素の除去や、老廃物の排出、血流改善などをサポートするため、現代人が抱えている悩みをスッキリさせ、生活習慣病やメタボリックシンドロームの予防に役立つと考えられます。また、クマリンも同様に、老廃物を排出し、血液の流れをスムーズにすると言われています。

こうした成分を含む明日葉を、サントリーはふんだんに青汁に使っています。それに加えて、多くの野菜が持つポリフェノールであるケルセチンをしっかり取り入れるために、ケルセチンプラスを配合して、吸収力をアップ。明日葉の魅力と野菜の底力をギュッと詰め込み、さらにそれを体に取り込みやすいように工夫をこらして、青汁にしているのです。

大麦若葉との味の相性も抜群!

そんな健康パワーたっぷりの明日葉は、セリ科の植物だけあって、独特のツンとするような風味があります。その味はパセリやミツバにも似て、苦味や渋みを感じる人も多いようです。明日葉の産地である八丈島などでは、天ぷらにして食べることが多いと聞きますが、ごくまれにスーパーなどで売られている明日葉を単純に調理しただけでは、なかなか美味しく食べられないこともあるのだとか。

しかし、飲料メーカーとして頂点を極めるサントリーにかかれば、その明日葉も美味しい青汁に変身を遂げます。極の青汁は、明日葉独特のクセや苦味は全く感じられない味です。苦味、エグみの少ない大麦若葉との相性もよく、また、抹茶と緑茶がブレンドされているため、明日葉の独特の味は、ほとんどわかりません。それどころか、ほんのり甘く、ゴクゴク飲めるほど美味しいのです。

健康維持のために役立つ明日葉だからこそ、毎日欠かさず摂取したいもの。しかし、食べることが苦痛になってしまっては、続けることができませんね。明日葉を取り入れるためには、明日葉が配合された美味しい青汁を飲むのが一番。数ある明日葉入りの青汁の中でも、栄養面、そして味に関しても常にナンバーワンの評価を受けているサントリーの極の青汁は、毎日継続して明日葉のパワーを取り入れたい人にピッタリです。

  • 極の青汁の詳しい解説
  • 極の青汁の公式サイト

none

3位ふるさと青汁(マイケア)

ふるさと青汁(マイケア)

  • 八丈島産の厳選された明日葉を使用
  • 明日葉の葉だけでなく根っこまでたっぷり!
  • 苦味のある深い味わいは玄人向け?
  • 青汁ランク

    評価点数

    レビュー評価 レビュー評価 レビュー評価 レビュー評価 レビュー評価

    CLEAR

    CLEAR
CLEAR

ふるさと青汁 総合レビュー

青汁ランク

評価点数

レビュー評価 レビュー評価 レビュー評価 レビュー評価 レビュー評価

CLEAR

明日葉の根も使用!カルコンたっぷりの青汁

最近注目されている健康野菜、明日葉をたっぷりと使った青汁が、マイケアのふるさと青汁です。八丈島で生産される、生命力あふれる明日葉。その葉だけではなく、根っこまで贅沢に使用し、明日葉の中でも最も注目される成分であるカルコンをたっぷりと含めているのが、ふるさと青汁の大きな特徴です。

ふるさと青汁は、明日葉のほかに大麦若葉と桑の葉を原料とし、そのバランスを考えてブレンドしています。そのため、味わいは苦味のあるお茶のようで、食事との相性もピッタリ!

累計販売数7000万杯を超え、明日葉パワーを実感する人がリピートしているふるさと青汁は、明日葉の魅力を存分に味わいたい人にオススメの青汁です。

明日葉のふるさと・八丈島の恵みたっぷり

マイケアのふるさと青汁には、八丈島産の明日葉が使用されています。明日葉は、関東以南?九州、沖縄にかけて広く栽培されていますが、マイケアがこだわるのは、明日葉の原産地でもある八丈島の明日葉。

八丈島の明日葉は、人の背丈以上に成長しますが、それは八丈島の豊かな自然の中で、生産者の手間暇をかけて作られたからこそ生まれる恵みです。昔から明日葉を育て、食べ続けている八丈島の人々が作った明日葉を、青汁にたっぷりと使用することで、その豊富な栄養と恵みを取り入れることができるのです。

明日葉は、緑黄色野菜の中でもトップクラスの栄養を誇る野菜です。ビタミンやミネラルだけでなく、葉酸、タンパク質、食物繊維、カリウムなどの栄養を多く含んでいます。しかし、市販されることはそれほど多くありません。八丈島産の明日葉は、首都圏のスーパーに並ぶこともあるようですが、それでも毎日たくさん食べる、というわけにはいかないようです。そんな明日葉の栄養を、毎日手軽に取り入れることができるのが、青汁ならではの魅力ですね。

明日葉の魅力をしっかりと発揮!

明日葉を原料として使用している青汁は、他にも多くありますが、マイケアのふるさと青汁では、明日葉の葉だけではなく、根っこまで使用しているのが大きな特徴です。

明日葉の栄養素の中でも注目されているカルコンは、ポリフェノールの一種であり、明日葉のみに含まれる成分。老廃物を流し、デトックスにも最適だと言われています。また、高い抗酸化力を持っているため、さまざまな病気の予防にも役立つと考えられ、現在も研究がすすめられています。そんなカルコンは、実は明日葉の根に最も多く含まれているのです。

ふるさと青汁は、明日葉の根も使用し、より多くのカルコンを摂取できるように工夫されています。明日葉の根は、年に一度しか収穫できない上に、そのまま残しておけば何年も明日葉を収穫することができる貴重なもの。それにも関わらず青汁に贅沢に使用するところに、マイケアのこだわりを感じます。

さらに、八丈島の明日葉の根は、昔は高麗人参の代用品として利用されてきた、滋養のあるもの。ふるさと青汁には、明日葉の根に含まれるカルコンをはじめとするたっぷりの栄養が含まれているのです。

渋いお茶が好きな人にはおすすめの味わい

ふるさと青汁は、ややクセのある明日葉を使っている割には、飲みやすい部類の青汁です。大麦若葉や桑の葉といった素材とのバランスも取れ、決して飲みにくいということはありません。

しかし、やはり明日葉の根を使っているからなのか、他の青汁にはない、独特の風味も感じられます。例えて言うならば、笹の葉やよもぎを連想させるような、少し青臭いような風味です。また、他の青汁と比較すると、やや苦味が強めに感じられます。そのため、渋いお茶が好きな人や、甘みのある飲み物が苦手という人には、ふるさと青汁はオススメできるでしょう。食事や和菓子などのお供に飲むのも、問題がないと感じました。

明日葉の葉と根を使い、栄養たっぷりに仕上げられたふるさと青汁は、明日葉の魅力を実感したい人にはピッタリです。ただし、味の面では、少し玄人向けな面もありますので、サントリーの極の青汁と飲み比べつつ、好みの味を探ってみるのもよいのではないでしょうか。

  • ふるさと青汁の詳しい解説
  • ふるさと青汁の公式サイト

none

3位ユーグレナ・ファームの緑汁(ユーグレナ)

ユーグレナ・ファームの緑汁(ユーグレナ)

  • 世界初!栄養豊富なユーグレナを使用
  • インドネシア産の有機明日葉も配合
  • 飲むのに勇気が必要な味?!
  • 青汁ランク

    評価点数

    レビュー評価 レビュー評価 レビュー評価 レビュー評価 レビュー評価

    CLEAR

    CLEAR
CLEAR

ユーグレナ・ファームの緑汁
総合レビュー

青汁ランク

評価点数

レビュー評価 レビュー評価 レビュー評価 レビュー評価 レビュー評価

CLEAR

青汁とは違う? 明日葉を含む栄養満点緑汁

最近、メディアでも盛んに取り上げられるようになった食材・ユーグレナ。聞きなれない名前ですが、実はミドリムシという小さな藻類のことです。ユーグレナには、ビタミンやミネラルをはじめ、アミノ酸、不飽和脂肪酸など、非常に多くの栄養が含まれ、しかもその栄養を効率よく消化できるとして、注目を集めています。

そんなユーグレナを使った青汁、ではなく緑汁は、他の青汁とは栄養素も味も、一線を画するものに仕上がっています。さまざまな面で注目されているユーグレナ・ファームの緑汁、その特徴をあげてみましょう。

世界初の食材を使った緑汁とは?

ユーグレナ・ファームの緑汁の特徴は、何と言ってもユーグレナ、つまりミドリムシを使っていること。ミドリムシは、ワカメや昆布と同じ藻の仲間ですが、動物と同ように鞭毛と呼ばれる部分を使って動き、さらに植物と同じように光合成をするという、非常に珍しい特徴を持っている生物です。

それだけに、ミドリムシに含まれる栄養素も非常に多岐にわたっています。各種のビタミンやミネラルをはじめ、肉や大豆に含まれるアミノ酸、青魚に含まれる不飽和脂肪酸、そのほか、クロロフィル、ルテイン、ギャバ、パラミロンなど、健康をサポートするとして注目される成分が含まれているのです。

こうした栄養豊富なミドリムシを、食用ユーグレナとして世界で初めて大量に培養することに成功したのが、ユーグレナ・ファーム。食用ユーグレナを使った緑汁は、他の青汁には含まれない、肉や魚などの栄養素もたっぷりと含んだ、今までにはない青汁となっています。

明日葉の魅力も満載

緑汁の注目すべき成分は、ユーグレナではありますが、緑汁には明日葉もしっかりと配合されています。緑汁に使われる明日葉は、インドネシア産の有機明日葉。八丈島の明日葉の株を、インドネシアのロンボク島で栽培し、手作業で収穫していると言います。

明日葉には、ビタミンやミネラル、食物繊維のほか、独特の成分であるカルコンやクマリンが含まれるとして知られています。カルコンもクマリンも、ポリフェノールの一種ですが、抗酸化、抗菌作用があるため、現代人が悩みがちな健康への不安を解消する役に立つとして、注目を集めています。

ユーグレナの豊富な栄養に、さらに明日葉の栄養と独自の注目成分を加えた緑汁は、栄養面では無敵とも言えるかもしれません。

非常に独特な味わいは刺激的!

一般的な青汁とは違い、ユーグレナを配合したこの緑汁、気になるのはその味です。ミドリムシを味わった経験のある人はそうそういないでしょうから、なかなか想像がしにくい味だと思われます。

ユーグレナの緑汁は、藻の仲間であるミドリムシを使っているだけあって、どこか磯臭いような、海藻のようなにおいが感じられます。混ぜた時からのにおいが既に磯っぽく、それでいて青臭く、なんとも言えない印象で、一口目を飲むのにかなり勇気が必要でした。

大麦若葉と明日葉が使われていると、青汁としては飲みやすい味に仕上がることが多いのですが、この緑汁は、ユーグレナが加えられているだけあって、実に独特で刺激的な味がします。青のりのような磯臭さと、少しの塩気が気になり、後から大麦若葉や明日葉の野菜感が追いかけてくるようで、後味は口の中に強めに残ります。今まで飲んできた青汁とは確実に違う、強烈な味わいでした。

もちろん、緑汁を美味しいと感じる人もたくさんいるでしょう。しかし、青汁初心者にはまずオススメするのをためらうほど、特徴的な味です。どうしてもユーグレナの栄養を取り入れたいという方は、試してみる価値がありますが、明日葉の栄養を目当てに青汁を飲むことを考えているのであれば、サントリーの極の青汁を選んだ方が無難だと言えるでしょう。

  • ユーグレナ・ファームの緑汁の詳しい解説
  • ユーグレナ・ファームの緑汁の公式サイト

none

明日葉青汁まとめ

明日葉青汁の特徴と言えば、何といってもポリフェノールが豊富なところ。ポリフェノールは動くことが出来ない植物たちが、強い紫外線や外部からの有害物質から身を守るために作り出す成分です。人にとっても有用であり、老化原因である活性酸素を取り除く働きをしてくれると言われています。

少し前の赤ワインブーム、その後に起こったココアブームは「カカオ豆のポリフェノールが身体にいい」ということが根拠になっていました。 赤ワインやココアは、アルコールの摂りすぎや糖分によるカロリー過多など効率よく摂るのが難しいことからか、気付けば健康食品としてのブームは下火になっていました。

明日葉を使用した青汁は、そのポリフェノールに着目して開発されたものが多いようです。青汁はカロリーも低く、野菜の様々な栄養とともにポリフェノールを摂れます。更に酸化したポリフェノールを修復し、効果を持続させてくれるビタミンCも含んでいますから、理想的ですね。

明日葉青汁ランキング1位のサントリー「極の青汁」 は、大麦若葉で飲みやすさとミネラルを加えた上に、植物ポリフェノールの代表格ケルセチンの吸収力を約120倍にしたケルセチンプラスを配合し、野菜のパワーをしっかり摂れる青汁を実現しました。

ランキング2位のマイケア「ふるさと青汁」は、明日葉のポリフェノールを徹底的に利用することにこだわり、根まで使うことにたどり着いた青汁です。特有成分のカルコンの力をめいいっぱい感じられる青汁に仕上がっていますが、明日葉独特の風味に好き嫌いがわかれそうです。

ポリフェノールは身体に蓄積されないので、持続効果も数時間と短めです。明日葉青汁を飲む際は、一日数回に分けることをお勧めします。

ランキングTOPへ戻る

Copyright (C) 2006 青汁比較ランキング All Rights Reserved.