野菜不足の解消に青汁は効果的?

人気の青汁を実際に飲んで、調べて、5つのポイントでランク付け。レビューと共に、おすすめの青汁をランキング形式でご紹介!

青汁比較ランキングTOPページ > 野菜不足の解消

野菜不足の解消に青汁は効果的??

すべての現代人が悩んでいると言っても過言ではない、野菜不足。今や、どの世代においても、厚生労働省が推奨している「1日350g」という野菜の目標摂取量をしっかりと満たすことができていないと言われています。

そんな深刻な野菜不足の解消に、青汁は一役買ってくれるのでしょうか?! ここでは、青汁を飲めば野菜不足をカバーすることができるのかを考えてみたいと思います。

野菜不足による影響

現在、日本人の殆どが野菜不足に陥っていると言われています。厚生労働省では、1日あたり350gの野菜を摂取することを目標としていますが、実際の野菜の摂取量は、どの年代でもその目標には届いていないのが現状です。また、20代〜30代という働き盛りの若い世代では、食の簡便化思考が進みつつあり、便利で手軽なファストフードやコンビニ弁当、お惣菜などを多く利用し、野菜を買って調理するということが減少する傾向も見られるようです。

健康に気を遣い、サラダなどで生野菜を好んで食べている人も、油断はできません。生野菜は、加熱して食べる野菜に比べて量が少なくなる上に、食べる野菜も偏ってしまうため、緑黄色野菜が不足しやすいのです。

すべての世代で野菜がの摂取量が減っている現代、日本人には、鉄分やカルシウム、食物繊維などが特に足りていないと言われています。また、亜鉛や銅などのミネラルは目標の80%程度しか摂取できていないことや、若い女性はビタミンAやビタミンB1が特に不足しがちなことも指摘されています。

こうした栄養素が不足することによって、健康にはさまざまな影響が出てくると考えられます。たとえば、鉄分不足による貧血、カルシウム不足による骨粗しょう症は、その代表的なもの。また、食物繊維が不足することによって、生活習慣病や肥満などを招く可能性もあります。このほかにも、便秘や肌荒れ、イライラ、うつ状態など、野菜不足は私たちの体や心に不調を引き起こす原因となるのです。

「青汁=野菜」ではない?!

それでは、こうした野菜不足を解消するためには、青汁を飲んでさえいればいいのでしょうか?

結論から言うと、青汁を飲んだだけで野菜不足が解消できるわけではありません。青汁は野菜そのものではなく、あくまでも栄養補助食品です。また、原料である野菜を粉末に加工していることから、本物の野菜に含まれる栄養素が、青汁になる過程で失われてしまうことも考えられます。どんなに栄養が豊富だとしても、青汁を飲むことと本物の野菜を食べることは違うのです。

また、青汁の原料となっているのは、ケールや大麦若葉、明日葉といった色の濃い葉物の野菜。これらは緑黄色野菜の仲間ですが、これだけを摂取していても、キャベツや白菜、大根、玉ねぎなどといった淡色野菜が不足することとなってしまいますね。厚生労働省が推奨している1日の野菜の目標摂取量350gは、緑黄色野菜と淡色野菜の両方をきちんと食べてこそ、クリアできるもの。

したがって、青汁を飲んでいるからと安心して野菜の摂取を怠ってしまうのは、本末転倒とも言えることなのです。青汁は、本物の野菜そのものではないことを、私たちはしっかり理解しておく必要があるでしょう。

青汁で野菜不足をカバーするために

だからといって、青汁が野菜不足の解消に全く役立たないわけではありません。青汁は、ケールや大麦若葉といった普段なかなか口にする機会のない、栄養豊富な野菜を粉末にしたものです。それを飲むことによって、ビタミンやミネラルなどがバランスよく摂取できることを考えると、偏った食事でバランスを失った栄養状態を改善し、ととのえていくために、青汁は有効な手段と言えます。青汁に頼りきりになってしまうのはいけませんが、普段の食事に十分気をつけつつ青汁を活用していけば、野菜不足解消の足がかりになることでしょう。

青汁の中には、メーカーによって独自の工夫を凝らしているものもあります。たとえば、人気の高いサントリーの極の青汁は、ケルセチンという野菜ポリフェノールをさらに吸収されやすい形にしたケルセチンプラスを配合し、野菜のパワーをさらに取り入れやすくしています。こうした工夫にも注目すると、青汁を野菜不足解消により一層役立てることも可能となります。

そして、青汁を利用して野菜不足解消を目指すなら、何と言っても毎日継続して飲むことが大切。青汁は、いまだに苦くて美味しくないという印象が強く、「青汁を飲むくらいなら野菜ジュースの方がいい!」と思ってしまう人も多いかもしれません。しかし、最近の青汁は、本当に飲みやすいものが増えてきました。野菜ジュースと比較しても遜色ないほど美味しい青汁も、たくさんあります。こちらの飲みやすい青汁ランキングをご参考に、美味しいと評判の青汁をぜひ見つけてみてくださいね。

また、青汁は、野菜ジュースと比較しても糖分やカロリーが少なく、加工方法によっては、ケールや大麦若葉といった優れた原料の栄養を大きく損なうことなく摂取することができますので、栄養面においては野菜ジュースよりも優れているといえるでしょう。野菜不足を解消し、栄養の偏りをなくしたいと考える方は、栄養価で選ぶ青汁ランキングも合わせてご覧ください。

青汁を上手に活用して野菜不足解消へ!

青汁は、野菜そのものの代わりにはならないものの、野菜不足によって偏リがちな栄養バランスをととのえるために、非常に有効な手段となるでしょう。しかし、青汁を野菜不足解消に役立てるために大切なのは、普段から野菜の摂取を心がけること。野菜をきちんと食べていてこそ、青汁の効果が期待できることを忘れないようにしましょう。

なるべく野菜を買って自炊することはもちろん、外食やコンビニ弁当などを活用する際にも、できるだけ野菜の多く入ったメニューを選ぶなど、自分のできる範囲で野菜を摂取できるよう工夫をするとともに、青汁も、味や栄養価にこだわって選び、継続して毎日飲むことを心がけたいですね。豊富な栄養がある青汁は、きっと野菜不足解消に役立ってくれることでしょう!

トップページに戻る

Copyright (C) 2006 青汁比較ランキング All Rights Reserved.