飲み過ぎもNG!1日何杯なら青汁を飲んでいいの?

人気の青汁を実際に飲んで、調べて、5つのポイントでランク付け。レビューと共に、おすすめの青汁をランキング形式でご紹介!

青汁比較ランキングTOPページ > 1日何杯飲んでいいの?

1日何杯まで飲んでいいの?

青汁

健康や美容、野菜不足の解消や栄養補給にピッタリな青汁。最近は栄養価が考えられた青汁ばかりではなく、その味も格段にレベルアップし、美味しくて飲みやすい青汁が増えてきましたよね。栄養があって美味しい、そして体にいいとなれば、1日に何杯でも飲みたくなってしまうかもしれません。

でも、ちょっと待って! 青汁は1日に何杯まで飲んでいいのか、ちゃんと知っていますか? ここでは、青汁の1日の摂取目安量について、確認していきましょう。

CLEAR

今飲んでいる青汁の1日の摂取量をチェック!

女性

青汁に含まれているのは、野菜の栄養素。だとすれば、野菜不足を解消するためにも、青汁はどんどん飲むべきだ! と考える人もいるかもしれません。しかし、青汁は飲めば飲むほど体にいいわけではないのです。

青汁は薬ではなく食品ですが、やはり1日の目安量というものがあります。まずは、ランキング上位の青汁の中でも、人気の高い3つの青汁の1日の摂取目安量を確認してみましょう。

  • サントリー 極の青汁 1日1〜3包
  • えがおの青汁満菜 1日1〜2袋
  • お茶村 神仙桑抹茶ゴールド 1日2〜3包
CLEAR

このように、3つの青汁はともに、1日1〜3杯を目安としてあげています。この目安量とは、青汁に含まれている成分のはたらきや、栄養のバランスを考えて、メーカーが推奨しているもの。いわば、青汁の効果が一番得られやすい分量でもあるのです。よりよい効果を得るためにも、青汁を飲む時はこの摂取目安量を守ることが大切です。

CLEAR

青汁を飲み過ぎるとどうなるの?

注意を促す看板

それでは、青汁を飲み過ぎることによって、どんな影響が出ると考えられるのでしょうか? 考えられるものをここであげてみましょう。

お腹がゆるくなる

まず考えられるのは、青汁に含まれる豊富な食物繊維によって、お腹の調子がゆるくなってしまうこと。食物繊維は、腸のぜん動運動を促して排便をスムーズにしてくれます。しかし、多く摂取しすぎると過剰に腸が刺激されるため、腹痛や下痢といった症状が出ることもあるのです。

カリウムの過剰摂取

青汁にはカリウムが多く含まれていますので、摂取しすぎると吐き気などの胃腸症状が出ることもあります。この場合、特に注意しなければならないのは、腎臓や肝臓の病気を抱える方や人工透析をしている方です。腎臓や肝臓に異常があると、カリウムを上手く排泄できないため、高カリウム血症を起こし、胃腸症状のほかに、しびれや脱力感、不整脈といった症状があらわる危険があります。

また、ワルファリンというお薬を服用している場合、青汁の摂取は禁止されます。心筋梗塞や脳血栓症の治療に使われるワルファリンは、ビタミンKのはたらきを抑えることによって、血液を固まりにくくしています。そのため、ビタミンKが豊富な青汁を飲むと、ワルファリンの作用が弱まってしまうのです。

青汁を飲む場合は、自分の体調を考え、適量を守ることが大切です。もしも青汁を飲むことに不安を感じる場合や、飲んでから体に好ましくない変化を感じた場合には、かかりつけ医などに相談してみましょう。

CLEAR

青汁比較ランキングまとめ

健康と美容のためにも1日の摂取量を守りましょう

青汁は、一日の摂取量を守って飲むからこそ、よい効果を期待することができます。たくさん飲んだからといって、その分効果が高まるわけではありません。むしろ、健康に影響が出てくる可能性もありますので、パッケージやパンフレットに記載されている目安とされる量を守って飲むようにしましょう。

どんなに健康によいとされる食品でも、食べ過ぎは禁物。それと同じように、青汁もまた、健康や美容に役立つからといって飲み過ぎるのは逆効果だということを忘れずに利用していきたいですね。

none

トップページに戻る

Copyright (C) 2006 青汁比較ランキング All Rights Reserved.