効果と美味しさを両立させる青汁の飲み方

人気の青汁を実際に飲んで、調べて、5つのポイントでランク付け。レビューと共に、おすすめの青汁をランキング形式でご紹介!

青汁比較ランキングTOPページ > 効果的で美味しい飲み方

青汁の効果的で美味しい飲み方

青汁を飲む時にちょっとネックになってしまうのが、その味や香り。青汁は、栄養豊富で健康に良いから毎日飲むことが大切! それはわかっていても、青汁独特の苦味や青臭さなどがどうしても気になって、なかなか飲む気になれない、という方もいるかもしれませんね。

しかし、最近では飲みやすく美味しい青汁が増えてきています。中には、黙って飲めば抹茶や緑茶と間違えてしまうほど美味しいものも! そして、その美味しい青汁を更に美味しくアレンジする方法も、たくさんあるのです。ここでは、青汁をより美味しく、そして効果的に飲むための工夫をご紹介しましょう。

栄養満点にして美味しく飲みたいなら〇〇を活用!

まずは、栄養価も考えて、次のような乳製品を使ってアレンジしてみるのがオススメです。

牛乳で割る

青汁と牛乳の組み合わせは、アレンジの定番中の定番。牛乳のまろやかさが青汁の苦味やクセを消して、抹茶ラテのような風味に仕上げてくれます。牛乳はカルシウム補給に最適であり、また少ないカロリーでビタミンやミネラル、タンパク質などをバランスよく摂取できる、栄養素密度が高い食品だと言われています。栄養豊富な青汁との組み合わせは、まさに最強タッグかもしれません。

豆乳で割る

牛乳がちょっと苦手という方や、美容を考える女性には、青汁を豆乳と混ぜてみるのがオススメです。豆乳の程よい甘みと豆の風味が、青汁の苦味と絶妙なバランスを生み出し、その味はクリーミーな抹茶ソイラテです。豆乳には女性にとって大切なイソフラボン、ダイエットや生活習慣病の予防に役立つ大豆サポニン、大豆たんぱく、レシチンが含まれています。青汁と豆乳を一緒に飲めば、健康・美容・ダイエットに大いに役立つと期待できます。

ヨーグルトと混ぜる

ヨーグルトの酸味とまろやかさは、青汁の味とも意外に相性がいいのです。乳酸菌を多く含むヨーグルトと、豊富な食物繊維を含む青汁との組み合わせはお腹の調子をととのえるのに最適でしょう。ヨーグルトに混ぜる場合は、やや甘みのある青汁がオススメです、飲みやすい青汁ランキングをご参考に、美味しい青汁で試してみてくださいね。また、はちみつやオリゴ糖を加えてもほのかに甘く、お腹にやさしく仕上がりますよ。

青汁をゴクゴク飲みたい時のアレンジ方法

乳製品と青汁の組み合わせは、味の面でも栄養価の面でもとても有効ですが、もっと美味しく、ゴクゴクと青汁を飲みたい時には、果物やジュースを使ったアレンジをしてみましょう。青汁の味を変えたい時だけでなく、小さなお子さんや、乳製品が苦手な方にもオススメですので、ぜひお試しくださいね。

りんごジュースで割る

青汁の苦味や後味が気になる方には、りんごジュースで割る飲み方が向いています。りんごの甘味が青汁の風味をうまい具合に消してくれるとともに、後味をスッキリとさせてくれます。りんごには、お腹の調子をととのえるペクチンや、抗酸化作用のあるカテキンが含まれていますから、青汁との組み合わせは美容と健康を考える女性にピッタリです。

オレンジジュースで割る

しっかりとした味と酸味が特徴のオレンジジュースは、青汁と組み合わせることで、青汁の苦味を調和してくれます。甘さとともに、オレンジのジューシーな感じも、青汁と相性が良いようですね。オレンジにはビタミンCや葉酸が豊富ですから、こちらも女性にオススメの飲み方かもしれません。

バナナジュースに混ぜる

青汁とバナナは、意外なほど合う絶妙な組み合わせ。バナナのクリーミーな甘さは、青汁の苦味とピッタリなのです。バナナを牛乳や豆乳とミキサーにかけてジュースを作る際に青汁の粉末を加えて混ぜたり、輪切りにしたバナナにヨーグルトと青汁を加えたりして、試してみましょう。バナナには食物繊維やフラクトオリゴ糖が、カリウムが含まれるため、便秘やむくみの予防・解消に役立つと考えられます。

こうしたアレンジにも、やはり飲みやすい青汁を使うのがオススメ。特に、果物やフルーツジュースとのアレンジにおいては、クセの強いケールを使った青汁よりも、大麦若葉を原料とした青汁が向いています大麦若葉青汁ランキングもご参考に、美味しい青汁を探してみてくださいね。

青汁を効果的に美味しく飲む時の注意点

乳製品やフルーツジュースなどは、青汁の手軽なアレンジに最適です。青汁をそのまま飲むのに飽きてしまった時や、さらに多くの栄養を摂取したい時などに、いろいろなものにサッと混ぜるだけで、いつもと違った青汁が完成するので、ぜひ覚えておいてくださいね。

また、飲み物に混ぜるだけでなく、料理やお菓子、パンなどを作る時に青汁を加えるアレンジもたくさんあります。普段食べているメニューに青汁を加える方法は、飲み物に混ぜるよりも青汁の苦味や風味を感じにくくなりますのでオススメですし、新しい味の発見もあるかもしれません。青汁を使ったさまざまなアレンジメニューは、若葉さんの青汁レシピでたくさん公開していますので、簡単なものからチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

ただし、青汁をアレンジする時に注意したいのが、そのカロリーや糖分です。牛乳や豆乳を使ったシンプルなアレンジなどはさほど心配いりませんが、毎日ヨーグルトを使ったアレンジをしていれば、脂質やカロリーの摂り過ぎにつながることもありますし、果物やフルーツジュースでアレンジしたものを飲み過ぎると、糖分の摂り過ぎも心配です。青汁をアレンジすると、美味しくていくらでも飲めちゃう! なんて思ってしまいがちですが、青汁の1日の摂取量を守るとともに、脂質、糖分、カロリーもきちんと考えて、アレンジする頻度を見極めたいですね。

青汁比較ランキングまとめ

青汁を毎日飲み続けるためにはアレンジも有効!

最近は、本当に美味しくて飲みやすい青汁が増えてきました。マズい、苦いと感じる青汁の存在自体、次第に少なくなってきたものの、青汁はやはりケールなどのクセの強い野菜や、大麦若葉、明日葉などの独特の風味がある野菜を原料としていることもあり、毎日飲み続けるとなると、あまり美味しいと感じられなくなったり、味に飽きてしまったりすることもあるかもしれません。

そんな時は、青汁にちょっとしたアレンジを加えてみましょう!青汁は、 意外なものとの組み合わせで驚くほど美味しくなったり、飲みやすくなったりすることがあります。お好みに合わせて、いろいろなアレンジをお試しくださいね。

none

トップページに戻る

Copyright (C) 2006 青汁比較ランキング All Rights Reserved.