青汁で野菜不足は解消できるの?

人気の青汁を実際に飲んで、調べて、5つのポイントでランク付け。レビューと共に、おすすめの青汁をランキング形式でご紹介!

青汁比較ランキングTOPページ > 青汁の効果 > 青汁で野菜不足を解消?

青汁で本当に野菜不足は補える?

野菜

ずいぶん前から、日本人は野菜の摂取量が不足していると言われるようになりました。以前までの和食中心の食生活から、洋食中心の食生活へと変化し、またより手軽に、便利に食べられるファストフード、惣菜、弁当などが人気を集めたことで、ここ数年は野菜不足にますます拍車がかかっていると考えられます。

野菜不足を解消するには、食事を改善するのが一番です。しかし、一日に必要とされる野菜の摂取量をクリアするのは並大抵のことではありません。この野菜不足を、青汁で補うことはできるのでしょうか?

野菜不足と肉食化が進むと・・・

野菜不足による肥満

農林水産省がまとめた報告によると、野菜の消費量は平成3年頃から減り続け、逆に肉類や油脂類の消費量は増加する傾向が続いています。生鮮野菜の購入量も減り、外食や弁当、惣菜の利用は増え、食の簡便化志向も目立つようになりました。

国では、1日あたり野菜を350g摂取するようにと推奨しています。しかし、この数値には、どの年齢層でも届いていないのが現実です。経済力もあり、野菜や果物の購入には困らないと思われる40代〜50代でも、350gという目標には100gほど足りていないのです。

このまま野菜不足と肉食化が進むと、どのようなことが考えられるでしょうか。生活習慣病や、現代人を悩ませる病気や不快な症状の多くは、野菜不足や肉食化が原因のひとつとされています。糖尿病や動脈硬化、高血圧、ガンなどが増えるとともに、うつ病、便秘、冷え性、メタボリックシンドロームなど、さまざまな病気やトラブルが発生することは、想像に難くないでしょう。

青汁を飲んでいれば安心なの?

青汁だけでは野菜不足は解消できないと主張する女性

こうした野菜不足を補うために効果的だと言われるのが、健康食品の代表格である青汁です。青汁には、ビタミンやミネラルをはじめとするさまざまな栄養素が豊富に含まれているため、現代人の野菜不足解消にピッタリだと考えられているのです。

それでは、本当に青汁を飲んでいれば野菜不足にならないと言えるのでしょうか? 青汁には、確かに野菜の栄養がたっぷり含まれています。しかし、青汁に使われる野菜は、ケール、大麦若葉、明日葉、桑の葉などの青物野菜が中心です。

これらは緑黄色野菜でもあり、確かにビタミンやミネラルが豊富ですが、1日に必要な野菜はこの緑黄色野菜だけではなく、淡色野菜と呼ばれる大根や玉ねぎ、白菜、キャベツ、にんにくといったものも含まれているため、青汁を飲んでいれば野菜不足が解消できる、とは必ずしも言い切れないのです。

青汁比較ランキングまとめ

野菜をしっかり摂取して、足りない分は青汁で補うのが理想

野菜の消費量が減り、食の欧米化とともに野菜不足が深刻になっている現代、それを救ってくれるのは、野菜の栄養素がたっぷり含まれた青汁だと考えられています。

しかし、青汁が本当に野菜不足を解消してくれるかと言うと、答えはノーです。1日に必要な野菜の摂取量は350gですが、このうちの120gは緑黄色野菜を、そして残りは淡色野菜を摂取することが望ましいとされています。

青汁の原料となるケールや大麦若葉などの野菜は、多くが緑黄色野菜。そのため、青汁を飲んだからと言って安心していては、淡色野菜が不足したままとなり、野菜不足が解消できるとは限らないのです。

また、加工方法によっては、青汁の原料である野菜の栄養素が減少することもあるため、野菜の摂取を青汁だけに頼るのは危険です。野菜不足を解消するためには、まず普段の食生活を改め、野菜を食事から摂取すること、その上で、青汁を上手に利用することが大切です。

検証結果:一ツ星

青汁ランキングへ

青汁の効果検証 トップページへ

Copyright (C) 2006 青汁比較ランキング All Rights Reserved.