睡眠不足を改善する飲み物は、青汁?!

人気の青汁を実際に飲んで、調べて、5つのポイントでランク付け。レビューと共に、おすすめの青汁をランキング形式でご紹介!

青汁比較ランキングTOPページ > 青汁の効果 > 青汁で睡眠不足が改善?

睡眠の悩みに青汁が効果的? その理由は?

朝日が差し込む寝室

不眠は、体調や精神状態に影響するだけでなく、肥満や生活習慣病、うつなどの病気を引き起こすきっかけともなる、実は怖いもの。現代では、生活習慣の乱れや、パソコン、スマートフォンなどの普及が原因で、人間本来の体内時計が狂い、大人も子供も睡眠不足になる人が多いと言われていますね。

こうした睡眠不足の悩み、あるいは寝付きや寝起き、目覚めの悪さを改善するために、青汁の効果が注目されるようになりました。また、青汁を飲むと眠くなるという口コミもしばしば見られます。それには、一体どんな理由があるのでしょうか?

光があふれる現代は睡眠リズムが崩れやすい

睡眠を妨げる光

人間には本来、サーカディアンリズムという概日リズム、いわゆる体内時計が備わっています。概ね1日をひとつのリズムとして、体温やホルモンの分泌といったものが変化し、私たちの体調や心の状態をととのえてくれるのです。

しかし、最近では生活リズムの乱れや運動不足、パソコンやスマートフォンなどによる強い光の刺激によって体内時計が乱れて不眠や睡眠不足に陥る人が非常に多くなっています。

体内時計が崩れるのは、メラトニンというホルモンが不足することが原因です。メラトニンは睡眠ホルモンとも呼ばれ、体内時計にはたらきかけて睡眠のリズムをととのえることで知られています。しかし、夜でも明るい環境に身を置く現代の生活においては、このメラトニンの分泌量が減ってしまい、体内時計の乱れから睡眠リズムを崩してしまう人が増えているのです。

青汁にはメラトニンが含まれている!?

青汁の効果で安眠する女性

メラトニンの分泌量を正常に保つためには、朝に太陽の光を浴びることが大切です。朝日を浴びると、体内ではセロトニンというホルモンが分泌されます。セロトニンは、覚醒を促すはたらきがありますが、同時にメラトニンを作る原料となる大切なホルモンです。そして、朝日を浴びることでメラトニンの分泌は一旦ストップしますが、その14〜16時間後に再びメラトニンが分泌されて眠気が催されると言われています。

また、夜に明るい光を見ることはメラトニンの分泌を抑制してしまうため、夜は照明を暗くし、パソコンやスマートフォンなどで強い光を見ることを控えることが望ましいとされています。

それに加えて、セロトニンの材料となるトリプトファンを摂取することも、メラトニンを増やすために有効です。トリプトファンは乳製品やバナナ、アボカドなどに含まれています。

最近では、青汁の原料であるケールにもメラトニンが含まれていることから、青汁は不眠や睡眠不足の解消に役立つことが知られるようになりました。トリプトファンを含む食材を摂取するよりも、ケールの青汁を飲むことで直接メラトニンを摂取する方が効率よく睡眠リズムの改善につながるとして、青汁の効果が期待されているのです。青汁を飲むと眠くなるという口コミは、こうした効果によるものなのかもしれませんね。

青汁比較ランキングまとめ

睡眠リズムの改善に青汁を役立てよう!

24時間営業の店が増え、常に光にさらされる生活をしている現代では、睡眠のリズムを崩してしまう人も多くなっています。生活の乱れは、人間が本来持っている体内時計の乱れにつながります。それは、光の刺激を受け続けることや、生活習慣が乱れることによって、メラトニンという睡眠ホルモンの分泌が減ってしまうことが原因です。

メラトニンを増やすためには、朝日を浴びることが一番大切。朝日を浴びれば、メラトニンの原料となるセロトニンがしっかり分泌されるとともに、14〜16時間後に再びメラトニンの分泌が活発になり、眠くなるのです。

そのほか、メラトニンの増加を促すには、セロトニンの原料となるトリプトファンを食品から摂取する方法もあります。しかし、それ以上に手軽なのが、ケールを原料としている青汁を飲むこと。ケールにはメラトニンそのものが含まれているため、ケールの青汁を飲めば、効率よくメラトニンを補うことができると考えられます。

メラトニンの分泌がアップすると、睡眠リズムがととのうだけでなく、睡眠の質が高まり、ぐっすり眠れるようになるため、寝起きや目覚めも自然に良くなることが期待できます。睡眠の悩みを抱えている場合は、夜にケールの青汁を飲んでみるのもひとつの改善方法だと言えるでしょう。

検証結果:三ツ星

青汁ランキングへ

青汁の効果検証 トップページへ

Copyright (C) 2006 青汁比較ランキング All Rights Reserved.