女性の救世主! 青汁で生理痛の緩和ができる?

人気の青汁を実際に飲んで、調べて、5つのポイントでランク付け。レビューと共に、おすすめの青汁をランキング形式でご紹介!

青汁比較ランキングTOPページ > 青汁の効果 > 青汁で生理痛の緩和ができる?

生理痛の緩和に青汁が効果的?

生理痛に悩む女性

月に一度、女性には憂鬱な日々が訪れます。月経は、女性にとってなくてはならないものですが、それに伴う生理痛は辛いものですよね。生理痛の程度は人によって違いますが、どうにかして緩和したいと思っている女性は少なくないでしょう。

そんな生理痛を緩和するために効果的なのが、青汁だと言われています。青汁は、なぜ生理痛の緩和に役立つのでしょうか? ここでは、青汁と生理痛との関係についてお伝えしましょう。

生理痛が重くなるのはなぜ?

生理痛が重くなりやすい、脂肪分の多い食事

生理痛の感じ方は、人それぞれ。ほとんど痛みがないという人もいれば、数日寝込んでしまう、痛みで吐き気を伴うという人まで、その差は大きいものです。生理痛が重い人には、どんな特徴があるのでしょうか?

生理痛は、日常生活と深い関わりがあり、体が冷えている人、血行の悪い人、そして脂肪分の多い食事を好む人は、生理痛が重くなりやすいと言われています。それは、痛みを感じさせるプロスタグランジンという物質が体内で過剰に増えるため。プロスタグランジンは、月経時に子宮を収縮させて、不要になった子宮内膜を血液とともに排出するはたらきがあります。

しかし、体が冷えて血行が悪い状態では、子宮が収縮しにくいため、より多くのプロスタグランジンが必要になります。そのため、プロスタグランジンの分泌が増えれば増えるほど、生理痛がひどくなるのです。

また、プロスタグランジンは体内の余分な脂肪分を原料として作られると言われています。甘いものや脂肪分の多い食事を好む女性は、プロスタグランジンが増えやすく、生理痛を強く感じやすいと考えられます。

生理痛の緩和に青汁が役立つ?

青汁で生理痛の緩和に成功した女性

生理痛を強く感じる原因であるプロスタグランジンの分泌量を抑えるには、規則正しい食生活と、体を冷やさないことが重要です。野菜不足による栄養の偏りは、血液の流れを悪くさせますし、脂肪分や甘いものを多く摂取する食生活は、プロスタグランジンの原料となる余分な脂肪を増やし、分泌を高めることにつながります。こうした食生活を改めるのが、生理痛緩和の第一歩です。

野菜不足や血行不良による冷えが気になる場合は、青汁が効果的かもしれません。青汁には多くのビタミンやミネラルが含まれ、血液の流れをよくするはたらきが期待できます。また、青汁に含まれる食物繊維はコレステロールの低減に役立つため、余分な脂肪分を減らし、生理痛を強く感じさせるプロスタグランジンの分泌を抑制する可能性があると考えられるでしょう。

青汁比較ランキングまとめ

生活習慣の改善と青汁で生理痛の起こりにくい体へ

女性にとって辛い生理痛は、生活習慣、特に食生活の乱れによって悪化します。野菜不足、脂肪分や糖分の多い食事によって血液の流れが滞ると体が冷えやすくなり、プロスタグランジンという物質が増えてしまいます。プロスタグランジンは、子宮を収縮させて生理を起こすために必要なものですが、増えすぎると強い痛みの原因ともなるため、プロスタグランジンを増やさない生活を心がけることが大切です。

そのために役立つのが、ビタミンやミネラルが豊富な青汁。青汁には血行を改善するビタミンやミネラルが多く含まれているため、血液をサラサラにして、流れやすい状態にしてくれると考えられます。また、プロスタグランジンの原料となる余分な脂肪を排出するために、青汁に豊富に含まれる食物繊維が役立ちます。

こうした理由から、青汁は生理痛の緩和に一役買ってくれると言えるでしょう。もちろん、体を冷やさないため、早寝早起きをし、適度に運動をしたり、きちんと入浴して体を温めるたりする生活習慣も大切なのは言うまでもありません。

検証結果:三ツ星

青汁ランキングへ

青汁の効果検証 トップページへ

Copyright (C) 2006 青汁比較ランキング All Rights Reserved.