肝臓や腎臓のはたらきと青汁の関係は?

人気の青汁を実際に飲んで、調べて、5つのポイントでランク付け。レビューと共に、おすすめの青汁をランキング形式でご紹介!

青汁比較ランキングTOPページ > 青汁の効果 > 肝臓や腎臓と青汁の関係

青汁の持つはたらきは肝臓・腎臓に良いのか悪いのか?

新鮮な青汁

健康の維持やさまざまな病気の予防に役立つと言われる青汁ですが、肝臓病や腎臓病に関しては、青汁が良いとも悪いとも言われています。これはなぜなのでしょうか?

青汁には、たくさんの栄養素が含まれています。しかし、その栄養素が特定の病気に対してマイナスに作用することもあるようなのです。ここでは、肝臓や腎臓の病気と青汁との関係を紐解いていきたいと思います。

肝臓・腎臓のはたらき

肝臓で分解されるアルコール

何よりも重要なものを指す「肝腎要」という言葉は、肝臓と腎臓が人体に欠かせないものであることから生まれたと言われます。その言葉通り、肝臓と腎臓は、人間の体の中でも非常に重要なはたらきを持っています。

肝臓は、体の中の化学工場。食べ物から摂取した栄養素を別の物質へと変換して、体のあちこちに送り届けます。また、アルコールや添加物などの有害な物質を分解、解毒するのも肝臓の大切なはたらきです。一方、腎臓は、血液のろ過装置。血液中の不要なものや老廃物を除去し、それを尿として体の外へ排出します。

肝臓や腎臓の機能が低下すると、栄養が届きにくくなったり、有害物質の解毒、老廃物の排出ができなくなりするのですが、肝臓も腎臓も「沈黙の臓器」と呼ばれるように、目立つような症状はあらわれにくいもの。気がついた時には病気が悪化しているということもあるのです。

肝臓や腎臓の病気の原因は、感染症や遺伝などもありますが、食生活の乱れによる生活習慣病や肥満などとも関わりがあると言われています。

青汁は肝臓・腎臓に良い? 悪い?

肝臓と青汁の関係について考える男性

肝臓や腎臓の機能を高め、病気を予防するためには、何よりも三食バランスよく食べ、さまざまな栄養素をしっかりと摂取することが大切だと言われています。

特に、肝機能をアップさせるためには、肝臓がはたらいた時に出る活性酸素を除去する、抗酸化作用を持つビタミンA、C、Eが重要腎機能をアップさせるためには、利尿作用をマイルドにサポートするビタミンB1、塩分の排出を助けるカリウムがよいとされています。青汁にはこうした栄養素が豊富に含まれるため、肝臓や腎臓の病気を予防するためには役に立つと考えられます。

しかし、ここで注意すべきなのは、すでに肝臓や腎臓の機能が低下している場合です。肝臓や腎臓正常にはたらかなくなっていると、カリウムを体の外に排出できず、高カリウム血症を引き起こしやすくなります。そのため、腎臓病の場合は生野菜の摂取を制限されることもありますし、タンパク質や水分の制限がある場合も。そして、肝臓病では鉄分の摂取も控えるよう指示されることがあります。

健康上の問題がない人にとっては、青汁は肝臓や腎臓の機能を高めるために有効であっても、肝臓や腎臓に何らかの異常がある人の場合はそうではないのです。

青汁比較ランキングまとめ

自分の体調をよく理解してから青汁の摂取を

健康維持を目的に青汁を飲んでいる人が多いように、青汁はさまざまな栄養素を含んでいるため、病気の予防に役立つことが伺えます。肝臓や腎臓の機能をサポートするビタミンやミネラルも豊富であるため、肝臓や腎臓に問題がない人が適切な量の青汁を飲むことは、肝機能、腎機能をアップさせるためにも有効であると言えるでしょう。

しかし、肝臓や腎臓に異常や病気がある場合は、要注意! 肝臓や腎臓のはたらきが低下している時には、食事から摂取する栄養素にも細心の注意が必要となります。カリウムやタンパク質、水分、鉄分などを摂取しすぎると、肝臓や腎臓に、さらに負担をかけてしまい、症状の悪化を招くこともあるからです。

こうしたことから、肝臓や腎臓の機能を高めるために青汁を有効に利用するには、自分の体調をしっかりと把握することが大前提となります。肝臓、腎臓は異常が発生していても、症状が出にくいため、不安がある場合には、かかりつけ医などに相談してから青汁を飲むのが、一番よい方法であると言えます。

検証結果:二ツ星

青汁ランキングへ

青汁の効果検証 トップページへ

Copyright (C) 2006 青汁比較ランキング All Rights Reserved.