青汁は高血圧の予防や改善にどう役立つの?

人気の青汁を実際に飲んで、調べて、5つのポイントでランク付け。レビューと共に、おすすめの青汁をランキング形式でご紹介!

青汁比較ランキングTOPページ > 青汁の効果 > 青汁で高血圧の予防・改善

血圧が高い人に青汁をオススメする理由とは

高血圧な男性

日本人は、男女ともに50代の人の約半数が高血圧であると言われています。高血圧になると、心臓病や動脈硬化などが起こりやすくなることは、よく知られていますね。年齢が上がると、血圧も上がる傾向がありますが、こうした怖い病気を予防するためにも、生活習慣や食事に気をつけて、できるだけ血圧を安定させておきたいものです。

そんな高血圧の予防に、青汁が勧められることがあります。それは一体なぜなのでしょうか? ここでは、青汁が高血圧に効果的だと言われる理由を探ってみましょう。

高血圧ってどんなもの? 原因と症状を知ろう

高血圧の原因となる塩分

高血圧とは、その名の通り血圧が高い状態を指します。日本高血圧学会によれば、病院などで測定した血圧が140/90mmHg以上、家庭で測定した血圧が135/85mmHg以上である状態を高血圧としています。

高血圧は、腎臓やホルモンの病気が原因であるもの以外、多くがはっきりとした原因がありません。しかし、塩分の多い食事、野菜不足、運動不足、肥満、ストレスなどによって高血圧のリスクが高まることが知られています。

高血圧は、これといって明確な症状が出るわけではありませんが、それが怖いところでもあります。自覚症状がないからといって、高血圧の状態をそのままにしておくと、血管が高い圧力に耐えるために内壁を厚くするのですが、そこへコレステロールなどが溜まると、血管内が狭くなります。そうなると、狭心症や心筋梗塞、脳梗塞といった重大な病気の引き金となってしまうのです。そのため、普段から生活習慣や食事に気を配り、正常な血圧をキープすることが大切。原因や自覚症状がはっきりしないだけに、高血圧にならないよう予防することが一番重要になるのです。

高血圧の予防には青汁が効果的?

高血圧の予防にバランスの良い食事

高血圧にならないようにするためには、生活習慣や食事のバランスをととのえることが大切です。日本高血圧学会の高血圧治療ガイドラインでは、具体的な生活習慣の修正ポイントとして、減塩、野菜の果物の摂取、減量、適度な運動、節酒、禁煙という6つがあげられています。

その中でも特に大切なのは、減塩と野菜や果物の摂取です。日本人の食生活はもともと塩分の摂取量が多いと言われていますから、普段から塩分の多い食べ物を控えることが高血圧の予防には有効です。また、野菜や果物からカリウムを摂取することも重要になってきます。カリウムは、余分な塩分を体外に排出するサポートをする栄養素。そして、血圧を調節するはたらきもあるため、高血圧の予防には欠かせないのです。

このカリウムが豊富と言われているのが、青汁の原料でもあるケールや大麦若葉など。そのため、青汁を飲むことは高血圧に効果的と言われているのです。また、多くのビタミンを摂ることは、それだけで抗酸化作用による血圧上昇の抑制、動脈硬化の予防につながります。こうした点からも、カリウムや多くのビタミン、ミネラルを豊富に含む青汁が高血圧の予防に役立つことがわかります。

青汁比較ランキングまとめ

減塩と青汁で高血圧をしっかり予防しましょう

高血圧は、年齢が上がれば誰でもかかる可能性のある病気です。もともと塩分摂取量の多い日本人は、50代の約半数が高血圧であるとも言われています。そんなポピュラーな高血圧ですが、放置すると動脈硬化から重大な心臓病や脳梗塞などのリスクを高めてしまいます。

加齢以外の原因がはっきりしない上に、自覚症状も出にくい高血圧は、第一に予防することが大切。普段から減塩や運動、野菜や果物の積極的な摂取などを心がけ、生活習慣と食事を見直して、血圧が上がらないようにする必要があるのです。

こうした高血圧予防に役立つのが、青汁です。青汁の原料であるケールや大麦若葉には、余分な塩分を排出するカリウムが含まれています。また、各種のビタミンによる抗酸化作用によって、血圧上昇や動脈硬化の予防効果も期待できるため、青汁を飲むことは、高血圧の予防に効果的だと考えられます。ただし、青汁を飲んでいるからといって安心せず、普段の食事で減塩を心がけることが大切です。

また、高血圧で、血栓予防のためにワーファリンという薬を処方されている場合や、腎臓に疾患があって高血圧の症状が出ている場合は、青汁を飲むことが禁止されることもあります。こうした人は、青汁を飲む前に医師に相談する必要があるでしょう。

検証結果:三ツ星

青汁ランキングへ

青汁の効果検証 トップページへ

Copyright (C) 2006 青汁比較ランキング All Rights Reserved.