青汁で尿酸値を低下させ、痛風を予防!

人気の青汁を実際に飲んで、調べて、5つのポイントでランク付け。レビューと共に、おすすめの青汁をランキング形式でご紹介!

青汁比較ランキングTOPページ > 青汁の効果 > 青汁で痛風を予防!

青汁で痛風を防ぐ?プリン体制限だけじゃない! 痛風最新事情

痛風の恐れがある男女の足元

痛風と言えば、ビールやレバーなどに多く含まれるプリン体の摂りすぎが原因の贅沢病、と思っていませんか?

痛風は血液の中に尿酸が増えて結晶化し、それが関節にたまって激しい痛みを引き起こす病気です。尿酸はプリン体を代謝することで生産されるため、従来の痛風治療ではプリン体を制限する食事療法が用いられてきました。プリン体は食品全般に含まれ、特に出汁材料や内臓など旨味の強いものに多いため、痛風が贅沢病と思われるようになってしまったのです。

しかし最近の研究で、体内の尿酸のうち食品由来はわずか2割であり、残りの8割は体内で合成されるものだと分かってきました。現在、痛風予防ではプリン体制限よりも栄養バランスとカロリー制限、尿酸排出をスムーズにすることが重視されています。特に肥満は痛風に繋がりやすいことがわかっており、食生活を中心に生活習慣を改善しながら減量をすることが、予防に繋がると言われています。

痛風の原因、尿酸値を下げるには

痛風の原因となるアルコール

血液検査で尿酸値が7㎎/dl以上となると高尿酸結晶と診断されます。高尿酸結晶そのものに自覚症状はなく、そのままの生活を続けていると、いつ痛風の激痛に見舞われてもおかしくない状態に。痛風の症状がなくとも、高尿酸値は結石や腎臓病を引き起こすこともありますから、尿酸値を下げるための生活習慣改善が必要です。

尿酸値を下げるために必要なことは
水をたくさん飲む
不要な尿酸を排出します。1日に1.5~2リットルの水をこまめに飲むようにしましょう。身体を冷やさないために、常温で飲むことをお勧めします。
野菜をたくさん食べる
野菜や海藻は尿をアルカリ性に保ち、尿酸の排出をスムーズにします。普段の生活では不足しがちなものですから青汁で補うと効果的です。
動物性たんぱく質や油脂の多い食品は控えめに
これらの食品は尿を酸性にしてしまい、尿酸が排出しにくくなってしまいます。
乳製品を摂る
乳製品は痛風リスクを下げるというデータがあります。ただし、チーズやヨーグルトなどを日常的に食べる場合、カロリー過多には気を付けてください。
適度な運動
自然に呼吸が出来る程度の有酸素運動を習慣化しましょう。過度な運動は逆効果なので要注意です。
飲酒制限
ビールに限らず、アルコールは尿酸合成を盛んにしてしまいます。1日の摂取量はビールなら500ml程度、日本酒なら1合が目安です。常飲することで尿酸が多くなってしまいますから、必ず休肝日を設けましょう。
肥満解消
肥満と痛風は密接な関係があります。食事は腹八分目にし、栄養バランスの取れた食事を心がけてください。
プリン体を摂りすぎない
尿酸値を下げるためにはプリン体制限はあまり重要ではないとは言え、やはり摂りすぎは良くありません。日本痛風・ 核酸代謝学会が提唱するプリン体摂取の上限目安量は1日400㎎、一般的な食生活を送っている人ならば、毎日これを上回ってしまうことは少ないと考えられます。

やっぱり気になるプリン体量…青汁には多いの?

尿酸値を低下させる、栄養バランスの取れた食事

「青汁にはプリン体が多いのでは?」と心配する人もいるのですが、青汁のプリン体量は、1杯当たり1~2㎎とごくわずか。青汁の原料となる野菜を100g単位で考えると多量のプリン体を含んでいることもありますが、青汁にして摂取するのは3~5g程度ですから、プリン体を気にして青汁を飲まないのは勿体ないですね。

1日のプリン体摂取の目安量は400㎎。食品別のプリン体量は

300mg以上/100g プリン体が極めて多い
煮干し(746.1mg)、鰹節(493.3mg)、干し椎茸(379.5mg)、鶏レバー(312.2mg)、マイワシの干物(305.7mg)
200~300mg/100g プリン体が多い
豚レバー(284.8mg)、牛レバー(219.8mg)、カツオ(211.4mg)、サンマの干物(208.8mg)
50~100mg/100g プリン体が少ない
カリフラワー(57.2mg)、ブロッコリー(70.0mg)、豚ロース(90.9mg)、ベーコン(61.8mg)、ウナギ(92.1mg)、ホタテ(76.5mg)
50mg以下/100g プリン体が極めて少ない
白米(25.9mg)、もやし(44.7mg)、冷奴(31.1mg)、魚ソーセージ(22.6mg)、スジコ(15.7mg)、イクラ(3.7mg)、チーズ(5.7mg)

「プリン体が極めて多い」食品である煮干しや鰹節は、出汁を取るのに欠かせない材料ですが、100g単位で食べることはまずないでしょう(お浸しなどに使う鰹節の小袋は約3~5g入り)。レバーや魚の干物などを毎日食べるのではない限り、それほど神経質にならなくても問題はありません。ただ、プリン体は水に溶けだしやすい性質がありますから、魚の煮物の煮汁は残す、出汁の濃い鍋物の雑炊などは控える、などの工夫はした方が安心です。

ちなみに、痛風の元凶と思われているビールのプリン体量は100g当たり3.3~6.9㎎、350ml缶1缶でも約24㎎と、決して多くはありません。ビールが問題視されやすいのは、習慣化しやすいこと、揚げ物など高カロリーの食品と共に大量摂取しやすいこと、などが原因。痛風に悪いというよりも、肥満に繋がることで結果的に痛風因子にもなってしまうのが厄介なのです。

青汁比較ランキングまとめ

痛風予防に青汁!のワケ

青汁の主原料は緑黄色野菜です。先でも紹介したように、野菜は尿をアルカリ性にしてくれます。更に尿酸や他の老廃物を排出してくれるカリウム、尿酸の結晶化や炎症を防ぐビタミンA、Cや尿酸生成そのものを抑える葉酸も豊富です。

痛風予防の観点で言うと、特に注目したいのが明日葉を原料にした青汁。明日葉青汁にはカルコン、クマリンという特有成分があり、老廃物を排出してくれます。更にルテリオンというフラボノイドの一種には抗炎症、利尿作用がありますから、痛風対策には最適と言えるでしょう。

ただし、明日葉には尿酸の結晶化を防ぐカルシウムがあまり多くありません。カルシウム豊富な大麦若葉と組み合わせた青汁を選ぶことをお勧めします。

明日葉+大麦若葉の青汁でお勧めなのは、青汁の中でも1番人気の「サントリー極の青汁」、栄養価抜群なのに美味しく飲める青汁なので無理なく続けられるのもポイントです。

検証結果:三ツ星

青汁ランキングへ

青汁の効果検証 トップページへ

Copyright (C) 2006 青汁比較ランキング All Rights Reserved.