青汁の食物繊維が腸内環境改善に役立つ?

人気の青汁を実際に飲んで、調べて、5つのポイントでランク付け。レビューと共に、おすすめの青汁をランキング形式でご紹介!

青汁比較ランキングTOPページ > 青汁の効果 > 青汁で腸内環境を改善

青汁は腸内環境の救世主?

腸内環境を整える女性

腸は、全身の健康と美容に深く関わる器官です。そのため、腸の調子が悪くなると、便秘になり、それが肌荒れ、ポッコリお腹、免疫力の低下、口臭や体臭、イライラなど、さまざまなトラブルにつながっていきます。

そこで大切なのが、腸内環境をととのえること。青汁は、腸内環境をととのえるために非常に有効だと言われています。それでは、なぜ青汁で腸内環境を改善することができるのでしょうか?

腸内環境の改善は全身の美容と健康につながる

腸内環境の悪化と美容・健康の関係に驚く女性

腸内環境を改善し、善玉菌が優勢である状態を作ることは、全身の健康や美容のために大切だと言われています。それは、悪玉菌が増えた劣悪な腸内環境では、多くのトラブルがあらわれるからなのです。

悪玉菌が増えると、悪玉菌が発するガスによって腸管が麻痺し、便秘がちになります。そうすると、老廃物や毒素が体の中にたまり、肌荒れ、口臭、体臭などが発生してしまいます。また、免疫の6〜7割を担っていると言われる腸のはたらきが低下することで、免疫力が低下したり、たまった腸内で便が腐敗することで有害物質が増え、発がん性がアップしたりすることもあると考えられています。

そして、腸は「第二の脳」とも言われます。腸内では、心のバランスをととのえるセロトニンというホルモンが作られますが、腸内環境が悪化すると、このセロトニンの分泌量が減り、イライラ、不安、不眠などの症状が出やすくなってしまうのです。また、腸内細菌が少ない状態になると、ビタミンの合成がうまくいかず、イライラしやすくなることも。

このように、腸内環境の悪化は、心身の健康と美容に非常に深く関わっているのです。そのため、腸内環境をととのえ、腸が元気にはたらく状態をキープすることが大切だと言えます。

青汁の食物繊維は腸内環境改善に効果的?

腸内環境の改善に最適な青汁

腸内環境をととのえるために有効な栄養素は、主に2つ。ひとつは、言わずと知れた乳酸菌です。乳酸菌は、腸内で善玉菌を増やし、悪玉菌のはたらきを抑制することで、腸内の環境を改善すると言われています。

そして、もうひとつが、食物繊維です。食物繊維は、善玉菌のエサとなって、そのはたらきをサポートするとともに、便のかさを増やして腸のぜん動運動を促します。食物繊維には水溶性と不溶性がありますが、善玉菌のエサとなるのは水溶性、便のかさを増やすのは不溶性の食物繊維。そのどちらも、バランスよく摂取することが大切です。

青汁の場合には、原料となる野菜に含まれる食物繊維がとても豊富です。ただし、加工の方法によって、水溶性食物繊維と不溶性食物繊維のバランスが取れているもの、水溶性食物繊維の方が多いもの、食物繊維が少ししか含まれていないものなどの違いがありますので、原料や成分に注目して選ぶのが、青汁で腸内環境をととのえるコツといえるでしょう。

青汁比較ランキングまとめ

青汁を上手に利用して健康な腸内環境を手に入れましょう

腸内環境をととのえることは、全身の美容と健康につながります。食生活が乱れ、悪玉菌が増えた腸内では、悪玉菌の発するガスによって腸管が麻痺して便秘になり、その影響で肌荒れや口臭・体臭があらわれやすくなるほか、免疫力の低下や発がん性の上昇、精神的なイライラを招くことも考えられます。

そのため、善玉菌のエサとなり、便秘を改善するのに有効な食物繊維を摂取して、腸内環境をととのえることが大切です。青汁には食物繊維が非常に豊富であり、毎日飲み続けることによって、少しずつ腸内環境が改善していくことが期待できます。

しかし、青汁の種類によっては、加工の過程で食物繊維が取り除かれているものもあるほか、水溶性と不溶性の食物繊維のバランスも、商品によってそれぞれ違います。そのため、全ての青汁が、腸内環境の改善に効果的である、とは言い切れません。実際に、青汁を飲むことで便秘や下痢の症状があらわれる人もいますので、便秘を解消し、腸内環境をととのえるために青汁を利用する場合は、その青汁に、どの食物繊維がどれだけ含まれているのかを、きちんと把握する必要があるでしょう。

検証結果:三ツ星

青汁ランキングへ

青汁の効果検証 トップページへ

Copyright (C) 2006 青汁比較ランキング All Rights Reserved.