青汁で冷えを改善することはできるのか?

人気の青汁を実際に飲んで、調べて、5つのポイントでランク付け。レビューと共に、おすすめの青汁をランキング形式でご紹介!

青汁比較ランキングTOPページ > 青汁の効果 > 青汁で冷えを改善?

青汁を飲んで冷えを改善できる?できない?

冷えに悩む女性

手足の冷えに悩む女性は、非常に多いものです。夏でも手や足先が冷たく、長袖や靴下などが手放せない人も、かなりいることでしょう。そんな辛い冷えは、血行不良が大きな原因です。

青汁には、血行や血流を良くする効果があると言われています。それなら、冷えの改善に青汁が役立つはず! しかし、青汁の口コミの中には「青汁を飲んだら体が冷えた」というものも多いのです。それは一体、なぜなのでしょうか?

血流と冷えには大きな関係があります!

冷えの原因について考える女性

夏でも手足が冷たかったり、寒くてたまらなかったりするのは、辛いものですよね。こうした冷えの原因は、どこにあるのでしょう?

手足が冷えるのは、全身の血液循環が悪くなっているためです。血液の流れが悪くなっていると、体は大切な臓器がある部分に血液を優先して循環させ、温めようとするため、末端である手足に十分な血液が行き渡らないのです。

こうした血行不良に陥る原因には、

  • ・ 寝不足、偏った食事などの不規則な生活
  • ・ 体を締め付ける下着や靴
  • ・ 過度なダイエット
  • ・ 運動不足による心臓のポンプ機能の低下
  • ・ ストレス
CLEAR

などがあげられます。特に女性は男性よりも血管が細いため、こうした原因がもとで冷えやすいと言われています。また、女性ホルモンのバランスや自律神経のはたらきが乱れること、動脈硬化によって血管が硬くなっていること、血液がドロドロになって流れにくくなっていることも、冷えの原因とされています。

青汁を飲むと体が冷えるのはなぜ?

青汁と冷えの関係に気づいた女性

冷えを改善するためには、血流をアップすることが近道です。そのためには、適度に運動をして心臓のポンプ機能や筋肉量を高め、自律神経や女性ホルモンのバランスをととのえることが大切。

同時に、食事でも血行を良くして、体を温める栄養素を積極的に摂る必要があります。特に、代謝を促進するビタミンB、毛細血管のはたらきを維持するビタミンC、血行促進とホルモンバランスの調整に役立つビタミンEが、冷え改善のためには重要です。

こうしたビタミンとともに、エネルギーのもととなるタンパク質を取り入れると、体を内側から温めることができると言われています。このうち、タンパク質以外のものは青汁にも豊富に含まれているため、青汁は血行や血流の改善にも効果的だとして知られているのです。

しかし、青汁を飲んで体が冷えたという口コミがあるのは、どうしてなのでしょうか? それは、青汁に含まれるカリウムが関係しているのかもしれません。カリウムは余分な塩分を排出するはたらきがありますが、利尿作用があるため、一時的に体温を下げてしまうのです。また、青汁を冷たい水で溶いて飲むと、胃腸を冷やすことにもつながるため、冷えに悩む人が冷たい青汁を飲むと、ますます冷えてしまうという悪循環になる可能性もあるのです。

青汁比較ランキングまとめ

飲み方を工夫すれば青汁で冷えは改善できる

冷えの大きな原因である血行不良は、生活習慣や栄養バランスの乱れ、運動不足、ストレスなど、さまざまな理由によって引き起こされます。それを改善するためには、青汁にも含まれているビタミン類が大いに役立つと考えられます。

ビタミンBは全身の代謝をアップさせるほか、ビタミンCは毛細血管のはたらきの維持、ビタミンEは血行とホルモンバランスのアップに役立つため、青汁を飲むことによって血流が改善すれば、冷えの症状も緩和することが期待できるでしょう。

しかし、冷えに悩む人が冷たい青汁を摂取することは、内蔵を冷やしてしまうことにつながるほか、カリウムの利尿作用によって一時的に体温が下がることも考えられます。そのため、冷え改善のために青汁を利用するのであれば、常温以上の温度の水や、ホットミルクなどで溶いて飲むことがオススメ。

最近では、ホットミルクで溶くとまるで抹茶ラテのような味わいが堪能できる、甘さのある美味しい青汁も増えています。また、冷えに効果的といわれる生姜の成分を配合した青汁もありますから、飲み方や選び方に工夫すれば、青汁を冷えの改善に役立てることができるでしょう。

検証結果:三ツ星

青汁ランキングへ

青汁の効果検証 トップページへ

Copyright (C) 2006 青汁比較ランキング All Rights Reserved.