青汁でガン予防ができるの?

人気の青汁を実際に飲んで、調べて、5つのポイントでランク付け。レビューと共に、おすすめの青汁をランキング形式でご紹介!

青汁比較ランキングTOPページ > 青汁の効果 > 青汁でガン予防ができるの?

ガン予防に青汁が効果的と言われる理由

ガン患者の点滴

ガンは、日本人の2人に1人がかかるといわれるほどポピュラーな、いわゆる国民病となりました。医療が進歩し、以前のようにガン=不治の病ではなくなったものの、それでも怖い病気であることには変わりありません。

しかし、ガンは予防することができる病気。生活習慣や食事に気を配ることで、ガンの発生を抑えることができると言われているのです。そうしたガン予防に、青汁が効果的だと言われるのはなぜなのでしょうか?

ガンは生活習慣病のひとつ

ガンを発生させる生活習慣

ガンは、脳血管疾患、心臓病と並ぶ、三大生活習慣病のひとつ。悪性新生物とも呼ばれ、細胞が突然変異してガン化し、増殖していく病気です。ガンが発生する原因のひとつには、発ガン性物質というものの存在があります。この発ガン性物質は飲酒や喫煙、そして偏った食生活と大きな関係があるとされています。

タバコはさまざまな部位のガンを発生させるリスクを高めることは、よく知られていますね。その他にも、実際の研究において、アルコールの摂取は食道ガンや肝臓ガンの、加工肉は結腸ガンや直腸ガンの発生リスクを高める可能性があることが指摘されています。また、肥満やメタボリックシンドロームの傾向がある人は、それだけでガンのリスクが高まります。

そして、年齢とともに体内に増えていく活性酸素も、ガンの発生に関わっているとされています。活性酸素もまた、発ガン性物質と同様に、生活習慣や食事と深い関わりを持っているのです。

ガン予防に重要なのは野菜と果物の摂取

ガンの予防に適した食事

食生活において、野菜や果物を積極的に食べることは、ガンの予防にとって非常に重要であると考えられています。さまざまな研究でも、野菜や果物の摂取がガンのリスクを低下させることが明らかになっており、ガンを予防するためには、1日に少なくとも400gの野菜と果物を摂取することが目標として提案されています。

食生活が偏り、野菜や果物の消費量が低下している現代では、意識して野菜を摂取することが難しくなっています。そこで、普段の食生活に青汁をプラスし、足りない野菜の栄養素を補うことが、ガンの予防につながると考えられます。

青汁には、ケールや大麦若葉、明日葉といった野菜の栄養素が含まれています。これらは多くのビタミンやミネラル、食物繊維とともに、SOD酵素、ポリフェノールなど、抗酸化作用のある成分も含んでいます。食事だけでは摂取しきれない、こうした成分を取り入れることが、ガンのリスクを低減するために役立つと言えるでしょう。

青汁比較ランキングまとめ

青汁の栄養素をガンの予防に役立てましょう

日本人の2人に1人がかかると言われるガンは、生活習慣や食事に気を配ることで、その多くが防げると言われています。ガンを発生させる原因となるのは、飲酒や喫煙のほか、偏った食生活や、それに伴う肥満、メタボリックシンドロームなどがあげられます。また、年齢と共に増えていく活性酸素も、ガンと大きな関わりがあることが知られています。

そのため、ガンの予防では食生活を正すことが一番大切です。中でも、野菜や果物は1日に400gを目安に摂取することが、ガンのリスクを低下させると言われています。野菜不足になりがちな現代の食生活において、400gもの野菜を食べるのは難しいもの。そこで、多くのビタミンやミネラル、食物繊維、そして抗酸化物質を含む青汁を飲むことで、野菜の栄養を効率良く取り入れることが、ガン予防につながると考えられます。

しかし、青汁はあくまでも食生活をサポートするものであり、飲んでいればガンにならないというものではありません。ガン予防に大切なのは、青汁を飲むことではなく、野菜や果物を食べることであり、青汁は足りない栄養素を補うものであることを忘れてはいけません。

検証結果:三ツ星

青汁ランキングへ

青汁の効果検証 トップページへ

Copyright (C) 2006 青汁比較ランキング All Rights Reserved.