青汁で結石になるって、本当?

人気の青汁を実際に飲んで、調べて、5つのポイントでランク付け。レビューと共に、おすすめの青汁をランキング形式でご紹介!

青汁比較ランキングTOPページ > 青汁の効果 > 青汁で結石になるって、本当?

青汁が原因で結石に? その理由は?

結石で苦しむ男性

最近では、健康のために青汁を利用する人が増えていると言います。乱れがちな食生活を少しでも改善するために、青汁で野菜の栄養素をたっぷりと摂取することは、さまざまな病気の予防に役立つことがよく知られていますね。

しかし、そんな青汁が原因で結石ができてしまったという話を聞いたことはありせんか? 青汁が結石を作ってしまうという噂は、果たして本当なのでしょうか?

結石ができてしまう原因は?

結石の原因となる動物性タンパク質の多い食生活

結石とは、主に腎臓や尿管、膀胱、尿道などにできる、シュウ酸カルシウムやリン酸カルシウムの固まりのこと。この結石ができてしまうと、細い尿管を通る時に激しい痛みを引き起こしたり、尿管内を傷つけて血尿が出たりします。

結石ができる原因は、食生活と深い関わりがあるとされています。肉類など、脂肪や動物性タンパク質を多く摂取していると、シュウ酸という物質が増えます。本来、シュウ酸は腸の中でカルシウムと結合し、体外に排出されるのですが、増えすぎたシュウ酸は腸から腎臓へと移動し、尿の中でカルシウムと結びついて、石のような固まりとなるのです。

結石が作られるのを予防するためには、シュウ酸を多く含む食品や、シュウ酸を増やしてしまう食品を避けること、カルシウムや水分を多く摂取して、シュウ酸の排出を促すことが大切だとされています。

青汁の原料にはシュウ酸が含まれている?

青汁と結石は無関係だと説明する男性

さて、青汁を飲むことで結石ができてしまう、と言われているのはなぜなのでしょうか?

結石予防のためには、シュウ酸を含む食品を過剰に摂取しないことが大切ですが、実は、ほうれん草などの青物野菜の中に、シュウ酸が多く含まれているのです。また、青汁に多く含まれるビタミンCは、必要以上に摂取するとシュウ酸へと変化して結石の原因となる、と考えられていたことがありました。

現在では、ビタミンCと結石との間に因果関係はないとされていますが、こうした理由から、青物野菜を原料とした青汁を飲むことで、結石になるのでは、という噂が広まったと考えられます。

しかし、実際に調べてみると、青汁に使われることの多いケール、モロヘイヤ、小松菜、明日葉などのシュウ酸は、ほうれん草と比較するとかなり少なく、反対にカルシウムが多いため、結石の原因になるとは言えないものなのです。

青汁比較ランキングまとめ

青汁は適量を守って飲むことを心がけましょう

腎臓や尿管などにできて、激しい痛みを引き起こす結石は、多くの場合、偏った食生活が原因であると言われています。脂肪分や動物性タンパク質を摂り過ぎることで、体内にシュウ酸という物質が増え、それが尿の中でカルシウムと結合して、石のような固まりができてしまうのです。結石を予防するためには、シュウ酸を多く含むほうれん草などを食べ過ぎないようにすることが有効です。

青汁を飲むとシュウ酸が増えて結石が作られるという噂は、ほうれん草などを使って自家製の青汁を作って飲む場合に当てはまるかもしれませんが、加工された青汁を適量飲んでいる分には、まず心配いらないと考えられます。青汁の原料であるケールやモロヘイヤ、明日葉などはシュウ酸の少ない野菜であり、また、シュウ酸の排出を助けるカルシウムが豊富であるからです。

しかし、適量を超えて1日に何杯も青汁を飲むことは、体内でシュウ酸の蓄積を促すことにつながりかねません。青汁を飲む場合は、1日に1〜2杯を限度とするとともに、カルシウムを多く含む食品を食べるように心がけたいものですね。

検証結果:一ツ星

青汁ランキングへ

青汁の効果検証 トップページへ

Copyright (C) 2006 青汁比較ランキング All Rights Reserved.