青汁と血流の関係は?血液サラサラは青汁で実現するか?

人気の青汁を実際に飲んで、調べて、5つのポイントでランク付け。レビューと共に、おすすめの青汁をランキング形式でご紹介!

青汁比較ランキングTOPページ > 青汁の効果 > 青汁で血液がサラサラに?

青汁を飲むと血液サラサラになるって、本当ですか?

血液がドロドロになりやすい食事

血液がドロドロになるとよくない、という話は多くの人が耳にしたことがあるでしょう。血液がドロドロの状態は高血圧の原因となったり、またそれが引き金となって動脈硬化を起こしたりする可能性が高くなるため、健康で元気な体を維持するためには、血液をサラサラにしておくことが大切です。

青汁には、血流をよくしたり、血液をサラサラにしたりする効果があると言われています。それはなぜなのでしょうか? 青汁と血流の関係について、ここでじっくりと考えてみましょう。

ドロドロの血液は健康にも美容にもNG!

血流と美容が気になる女性

血液は、サラサラと流れるのがよくて、ドロドロではダメ、と言われていますよね。血液がドロドロになってしまうと、一体何がよくないのでしょうか?

血液がドロドロというのは、血液の中に脂質や糖質が多くなり、流れが悪くなっている状態です。このような状態になると、血管の中を通る時に圧力が高まり、高血圧になる可能性がアップします。また、脂質が多くなると余分なコレステロールや中性脂肪が血管内にたまりやすくなり、動脈硬化の原因になることも。

そして、血流が悪くなることで体が冷えやすくなったり、肌がくすんだりすることもあります。ドロドロの血液は、健康にも美容にも大きな影響を与えてしまうのです。

血液をサラサラにするために青汁が役立つ?

血液をサラサラにしてくれる食物繊維の多い食事

野菜を多く食べる人は、血液がサラサラしていると言われています。これは、野菜に含まれるビタミンやミネラル、食物繊維などのはたらきのおかげ。その中でも、ビタミンCとビタミンE、ポリフェノールは抗酸化作用が高く、コレステロールの酸化を防いで動脈硬化を予防します。

また、食物繊維はコレステロールの低減をサポートしますので、高脂血症などの脂質異常症の予防にも効果的だと言われています。現代人の食生活では、野菜が不足しがちになっています。野菜不足になるとビタミンやミネラル、食物繊維も不足して血液がドロドロになりやすいため、食生活に青汁をプラスすることは、野菜の栄養分を補い、血液をサラサラした状態に変えるために役立つと考えられるでしょう。

また、最近注目されているのが、青汁にも含まれると言われるピラジンという成分。ピラジンは、植物などに含まれる香り成分なのですが、血栓を予防する効果が期待できるとされています。ピラジンが多く含まれているのはピーマンやセロリ、キュウリといった青臭さの強い野菜ですが、青汁の原料であるケールや明日葉などにも含まれているそうです。

青汁比較ランキングまとめ

青汁で足りない野菜を補い血液をサラサラに

血液がドロドロの状態は、さまざまな病気を招きます。その中には、動脈硬化や脳梗塞、高脂血症など、健康を揺るがす危険なものもあるため、日頃から食生活に気をつけて、血液の流れを改善し、サラサラにしておきたいものですね。

血液をサラサラにするためには、野菜に含まれるビタミンやミネラルなどの栄養を、バランスよく摂取することがすすめられています。ただ、野菜不足が懸念される現代では、1日3食たっぷり野菜を食べるということは少し難しいもの。そこで、野菜不足を解消し、必要な栄養を摂取するために青汁が役立つと考えられます。

青汁に含まれるビタミンやポリフェノールは、抗酸化作用によって血中のコレステロールの酸化を防ぎ、血液の流れを促進します。また、食物繊維も、コレステロールの分解や排出を促して、血中コレステロール値を下げるために役立つと言われています。そして、ピラジンという血栓予防につながる成分も青汁には含まれていると言われています。

ピラジンが青汁にどの程度含まれるかについては、まだわかっていない部分もありますが、それでも青汁に含まれる成分には、血液をサラサラにするために役立つものが多いことがわかります。普段から野菜を沢山食べるように心がけるとともに、野菜が足りないなと感じた時には青汁をプラスするなどして、サラサラの血液を目指したいものですね。

検証結果:三ツ星

青汁ランキングへ

青汁の効果検証 トップページへ

Copyright (C) 2006 青汁比較ランキング All Rights Reserved.