青汁で美肌づくり

人気の青汁を実際に飲んで、調べて、5つのポイントでランク付け。レビューと共に、おすすめの青汁をランキング形式でご紹介!

青汁比較ランキングTOPページ > 青汁の効果 > 青汁で美肌づくり

美しい肌は青汁から作られる? 美肌の秘密と青汁の関係

美肌の女性

美しい肌を作るのは、スキンケアやメイクだけではありません。普段の生活習慣に気をつけて、体の中から健康になることもまた、美肌のためには大切なこと。特に、肌に必要なビタミンミネラルなどの栄養素をしっかりと摂取することは欠かせませんね。

そんな美肌づくりに、青汁が一役買ってくれると言われています。青汁に含まれる成分が、肌を健康に、美しく保ってくれるようですが、それは本当なのでしょうか? ここでは、青汁に含まれる栄養素と肌との関係を元に、青汁で美肌を手に入れることができるのか、考えてみましょう。

美肌づくりに欠かせないビタミンと言えば?

ビタミンCが豊富な新鮮なレモン

美肌のために役立つ栄養素といえば、まず思い浮かぶのがビタミンCですね。ビタミンCには、肌を美しく保つために欠かせない、次のようなはたらきがあります。

抗酸化作用
細胞を傷つけ、肌を老化させていく活性酸素。ビタミンCは、その活性酸素を抑制する抗酸化力を持っています。
メラニンを抑制
ビタミンCは、シミのもととなるメラニンの生成を防ぎます。
コラーゲンを守る
肌のハリと弾力を保つために必要なコラーゲンは、ビタミンCによってその合成がサポートされています。また、ビタミンCの抗酸化力は、活性酸素からコラーゲンを守ってくれます。
皮脂分泌を抑える
ビタミンCは過剰な皮脂の分泌を抑えるため、ニキビ予防にも役立ちます。
免疫力をアップ
体だけでなく、肌の免疫力も高めるため、ニキビ、吹き出物などができにくい状態にします。
ストレス耐性を高める
ストレスへの耐性を高めてくれるため、ストレスによる肌荒れを予防、改善すると考えられます。

こうして見ると、ビタミンCは美肌作りに必須とも言える栄養素なのですね。

青汁に含まれるビタミンCはどれくらい?

ビタミンCが豊富な青汁

青汁には、ビタミンCがとても豊富だと言われています。それでは、青汁の原料にはどれくらいのビタミンCが含まれているのでしょうか? その代表的なものの、100gあたりのビタミンC含有量をあげてみましょう。

  • ケール:81mg
  • ゴーヤ:76mg
  • 明日葉:41mg
  • 桑の葉:32mg
CLEAR

この他にも、ビタミンCを含んでいるよもぎ、緑茶、レモンなどを原料に配合している青汁もあります。

もちろん、ここにあげたすべての量が青汁に含まれているわけではありませんが、こうした原料を使っている青汁を飲むことによって、青汁の豊富な栄養素に加え、美肌作りに役立つビタミンCを積極的に取り入れることができます。

青汁比較ランキングまとめ

青汁のビタミンCで美肌を目指しましょう!

昔から、ビタミンCは「美肌のビタミン」と言われてきました。メラニンを抑制し、コラーゲンの生成をサポートするはたらきを持ち、高い抗酸化作用で肌老化を予防するとともに、皮脂分泌を抑制したり、免疫力やストレス耐性までアップしてくれるビタミンCは、肌を美しく保つためには欠かせない栄養素なのです。

そのビタミンCが豊富に含まれる、ケールや明日葉、ゴーヤなどを原料として使っている青汁は、美肌を作るために役立つと言えるでしょう。

青汁の中でも特にビタミンCが豊富な青汁と言えばファンケルの本搾り青汁です。今では珍しいケール100%の青汁でシェイカーの蓋を開けた瞬間からケールの特融の香りが全快。そのため中には香りだけで挫折してしまう人もいるほどです。

そんな心配をよそに、ケールに、ゴーヤ、明日葉、さらに桑の葉も全部入った、まさに美肌のための青汁と言えば『えがおの青汁満菜』。清涼感がある爽やかな味で、普段の食事と一緒に飲みたいほどの美味しい青汁です。

青汁で美肌を目指すには、玄人志向の方は前者の『本搾り青汁』を、美味しく美肌を目指したい方には『えがおの青汁満菜』がおすすめです。

検証結果:三ツ星

青汁ランキングへ

青汁の効果検証 トップページへ

Copyright (C) 2006 青汁比較ランキング All Rights Reserved.