貧血の予防と改善に青汁が役に立つ?

人気の青汁を実際に飲んで、調べて、5つのポイントでランク付け。レビューと共に、おすすめの青汁をランキング形式でご紹介!

青汁比較ランキングTOPページ > 青汁の効果 > 青汁で貧血の予防と改善

女性の大敵・貧血は青汁で改善できる?

貧血の症状に苦しむ女性

めまいや立ちくらみのほか、動悸、息切れ、頭痛、イライラといった症状があらわれることがある貧血は、女性にとっては大敵。貧血になると体調が悪化するのはもちろんのこと、肌や髪、爪などがボロボロになってしまい、見た目にも影響を及ぼしてしまうこともあるからです。

現在では、20〜50代の女性のうちの約65%が貧血であると言われています。そんな貧血の予防・改善に、青汁はどんな力を発揮してくれるというのでしょうか?

女性に多い鉄欠乏性貧血の原因

ヘモグロビンのような色合いのワイン

一般的に「貧血」と言われるのは、血液中の赤血球にあるヘモグロビンが不足する鉄欠乏性貧血のこと。ヘモグロビンは、血液の中で全身に酸素を運ぶ重要な役割を持っています。ヘモグロビンを作るためには、鉄分が必要になるのですが、この鉄分が不足していると十分な量のヘモグロビンが作られず、体が酸欠状態になってしまいます。そのため、めまいや立ちくらみといった症状や、肌荒れ、髪や爪の異常などが出てきます。

鉄分が不足する原因は、いくつか考えられますが、女性の場合は月経時の出血によって貧血になりやすいほか、無理なダイエットや偏った食生活が続くのも大きな原因です。また、急激に成長する思春期や、妊娠、授乳という鉄分の必要量が増える時期は、特に貧血の傾向が強まると言われています。

鉄分をしっかり摂取することが大切

鉄分が豊富な野菜

貧血対策として一番有効なのは、食事やサプリなどによって鉄分を摂取することです。鉄分は失われやすく吸収されにくいという特徴を持っているため、毎日の食事で鉄分補給を意識する必要があります。

そこで、オススメしたいのが青汁です。青汁には鉄分が豊富に含まれています。特に、大麦若葉やケールといった原料を使った青汁は、鉄分の含有量も多いため、貧血の予防や改善に役立ってくれると考えられます。また、青汁には鉄分だけでなく、鉄分の吸収をサポートするビタミンC、赤血球の形成を促すビタミンB12や葉酸などが多く含まれているのも、効果的なポイントと言えるでしょう。

ただし、大麦若葉やケールなどに含まれる鉄分は、非ヘム鉄と呼ばれる吸収率の低いものです。そして、ヘモグロビンを作るためには良質なタンパク質も欠かせません。そのため、青汁だけに頼らず、肉や魚などをバランスよく食べることが大切です。

青汁比較ランキングまとめ

鉄分補給を意識した食事に青汁をプラスしましょう

女性に多い鉄欠乏性貧血は、鉄分の不足によってヘモグロビンが減少し、体の中に酸素を運べなくなってしまうことで起こります。女性は月経や妊娠、授乳など、貧血になりやすい条件が多いもの。それに加えて、食生活の乱れによる栄養不足も貧血に拍車をかけてしまうため、普段から鉄分を効率よく補給することを心がける必要があります。

青汁の原料である大麦若葉やケールには、多くの鉄分が含まれています。また、鉄分の吸収を助けるビタミンCや、赤血球の形成を促進して造血機能を高めるビタミンB12や葉酸といった栄養素も含まれているため、貧血の予防や改善に一定の効果が期待できると言えるでしょう。

しかし、貧血の予防と改善のためには、鉄分やビタミンだけでなく、タンパク質も必要です。そして、鉄分の中でも、野菜などに含まれるものは吸収率の低い非ヘム鉄であるため、肉や魚などから吸収されやすいヘム鉄とタンパク質を摂取する必要があります。青汁だけで貧血が改善できると思わず、バランスの良い食事を心がけることが大切ですね。

検証結果:三ツ星

青汁ランキングへ

青汁の効果検証 トップページへ

Copyright (C) 2006 青汁比較ランキング All Rights Reserved.