青汁の比較ランキングサイト

人気の青汁を実際に飲んで、調べて、5つのポイントでランク付け。レビューと共に、おすすめの青汁をランキング形式でご紹介!

青汁比較ランキングTOPページ

「青汁を飲もう!」そう思っていざ青汁を探してみると・・・ 青汁ってこんなに種類があったんだ!と驚かされます。その数は実に100種類以上。「おいしい!」「ゴクゴク飲める!」と口コミで評判の青汁でも、実際に飲んでみると独特の後味で飲みきれないものも・・・

「やっぱり青汁はマズイのか」と言うとそうではありません、実際に飲み比べてみると栄養価が高く、お茶のように清涼感もあり「これは毎日飲みたい!」と思える青汁も実はあるんです!罰ゲームでもない限りは青臭く苦い青汁体験はせずに、美味しく野菜不足を解消したいですね。

まずはおさえておきたい、青汁選びのポイント!

  • マズイはもう古い、今は美味しいくて飲みやすい青汁
  • 欲しい栄養が入っている、栄養価が高い青汁
  • 無添加・保存料なしの安心して飲める青汁
arrow arrow arrow arrow
青汁

青汁を選ぶ際に一番大事なのは「美味しいくて飲みやすい青汁」を選ぶ事。理由は簡単、マズイ青汁を買った人に聞くと分かるのですが、マズイ青汁は本当に青臭く、飲み切れずに残してしまうためです。いくら栄養価が高くても飲まなければ意味がないし勿体ないですよね。お恥ずかしながら、数回飲んだ後にそのまま誰も飲まなくなってしまった青汁もあります。


ケルセチンプラスで吸収力120倍アップ

続いての青汁選びのポイントは、「欲しい栄養素が入っていて、栄養価が高い青汁」を選ぶ事。「欲しい栄養素」と言うのは、最近の青汁には主原料の「青菜」にプラスして栄養成分が入っているものが多くあります。例えばサントリー極の青汁には、「ケルセチンプラス」という成分が入っていて、吸収率をグンッとアップしてくれますし、他には「乳酸菌」が豊富に入っているものやデトックス効果の高い原料が入っているなど、今では沢山の種類の青汁があります。

最後はやっぱり「安全性」。1回や2回程度では何を食べてもある程度平気な体も、毎日定期的に摂取するものとなるとやはり気を使いたいですね。その点を踏まえ編集部では青汁を評価する際は「原料などがしっかり管理されている」「無添加」「保存料なし」なども必ずチェックするようにししています。

以上が「青汁選びの3つのポイント」です。

苗

「罰ゲーム用の青汁」を探しているのでなければ、この3つのポイントだけは絶対に外さないでくださいね。

この3点を基準に青汁を選べば、まずハズレはありません!その上で「人気の青汁は?」と言うと方は青汁の総合ランキングへどうぞ。

CLEAR

続いて、今人気の青汁を3つのポイント「おいしさ」「栄養価」「安全性」で比較してみましょう。

商品名 1位 1位
サントリー
極の青汁
2位 2位
大正製薬
ヘルスマネージ キトサン
3位 3位
マイケア
ふるさと青汁
写真 極の青汁(サントリー) ヘルスマネージ大麦若葉青汁〈キトサン〉 (大正製薬) ふるさと青汁(マイケア)
おいしさ 煎茶・抹茶の
絶妙ブレンド
深い抹茶の味わい  
栄養ポイント ケルセチンで
抜群の吸収率
悪玉コレステロールを撃退するキトサンを配合 明日葉を根まで使用
安全ポイント 国産主原料 効果が実証されたトクホ認定 国産主原料
定期最安値/1杯 90円 114円 114円
レビュー

こうして比較してみると同じような青汁でも、それぞれに特徴があるのがよくわかりますね。

青汁の良いところって何?

「青汁を飲もうかな?」と思った時に気になるのが、「青汁って何がどう良いの?」って事ですよね。ここでは青汁を始める方が気になる事と、実際に飲んでみて実感した事を紹介します。

青汁を始めるときに特に気になるポイントは3つ、「野菜不足を解消できるの?」「ダイエットにいいの?」「お腹をスッキリさせたいけど効くの?」です。

arrow arrow arrow arrow

青汁で野菜不足解消はできるの?

野菜

「現代人は野菜不足」「1日350gの野菜を食べましょう」と言われてますが、そんな野菜不足を「全て青汁だけで解決出来るの?」と言う疑問、ありますよね。

答えから言ってしまうと「普段の食生活」+「青汁」の合わせ技で野菜不足は大きく改善出来ます。が、「青汁以外一切野菜を摂らない」などの極端な事はやめましょう。青汁の上手な活用方法は「いつもの食事にプラスする」事、そうする事で十分野菜を摂ってる実感が得られますし、飲む前と比べると体調やお肌の調子などにも明らかな違いを感じるはずです。

青汁でダイエット、綺麗に痩せられる?

ダイエット

青汁でダイエットってよく聞きますよね。こちらも結論から言ってしまうと「青汁を上手く活用する事でダイエットは出来ます。」が、飲むだけでいきなり脂肪が燃焼する事はないので「理想的なスタイルに近づく」と言う方がしっくり来ます。「体重は?」と言うと数値で見ると緩やかに落ちる人の方が多いと思います。

青汁をダイエット活用するポイントは2つで「デトックスの力」「栄養補給」です。特に「むくみ」「便秘」が気になってる場合は1日1杯の青汁を飲む事で、比較的早くその効果が実感が出来ると思います。さらに、食事を調整するようなダイエットをする際は、栄養が偏ってしまい結果的に肌が荒れるなど本末転倒になってしまわないように「カロリーを抑えながらもしっかり栄養を補給できる」青汁のメリットを最大限活用しましょう。

青汁を活用したダイエットについては下記も参考にしてみてください。

青汁でお腹スッキリ、余分なものは体の外に

お腹の調子

お腹の調子が良くなく、体の中に余計なものが溜まってる感覚って誰にでも経験があると思いますが、青汁を毎朝飲むようになると不思議とそんな日が減っていきます。

青汁には「カリウム」「食物繊維」など、からだの余分なものを排出してくれる成分が多く含まれていますので、特にそれらの成分が不足しがちな人は実感値が高いと思います。

この辺りは、体の状態やライフスタイルにもよって個人差があるので、なんとなく青汁を飲み続けるのではなく「青汁飲み始める前の体調」と「1ヶ月程度飲んだ後の体調」を比較してみるとより分かりやすいかと思います。

その他青汁には様々なチカラがあります。詳しくは「青汁のチカラ」も参考にしてみて下さいね。

青汁って何で出来てるの?

青汁とは、豊かな土地で育った青菜をすりつぶして、自然の栄養をそのままに飲みやすいようにした飲み物です。

そのため、原料に特に決まりはありませんが、最近の人気の主原料は「大麦若葉」「ケール」「明日葉」「桑の葉」です。

arrow arrow arrow arrow

大麦若葉

「大麦若葉の青汁」は最近は急激に増えた大人気の青菜です。理由としては「栄養価が高いのに美味しい」からなんですね。

一昔前の「マズイ、もう1杯」で有名になったキューサイの青汁が流行った頃の主原料といえば「ケール」でしたが、今ではすっかり「大麦若葉」の青汁が青汁界の主役。なかでも断トツの人気を誇るのが大麦若葉と明日葉が主原料のサントリー「極の青汁」です。

ケール

「ケールの青汁」もまだ人気がなくなったわけではありません。ケールの青汁は昔ながらの青汁を知っている人には、懐かしい味とちょっとクセのある香がします。

青汁業界の先駆けともいえるがケールの青汁なので、青汁と言えばケール!と言う人も多く、もちろん高栄養価。ケールの青汁と言えばやはりケール100%の「ファンケルの本絞り青汁」が人気です。

明日葉

最近TVでも取り上げられるようになった「明日葉」、これも青汁の原料としては見慣れた顔ぶれになってきました。

明日葉特融の「カルコン」が「デトックス」や「むくみ」「ダイエットのサポート」になると言うのだから人気が出ないわけないですね。明日葉の青汁で人気は、サントリー「極の青汁」「ふるさと青汁」です。

桑の葉

桑の葉って普段なかなか口にする機会はありませんが、この桑の葉に含まれるDNJ(1-デオキシノジリマイシン)が、血糖値の急激な上昇を抑えたり、メタボ対策に良いと言う事で注目されています。あまり目立たない原材料ですがコアなファンが多いのがこの桑の葉。

桑の葉の青汁と言えば、老舗お茶屋さんの「神仙桑抹茶ゴールド」が有名です。

CLEAR

以上が青汁の人気の主原料となります。この中で「ケール」と「明日葉」の青汁はクセがあるので、ケールの青汁や明日葉の青汁を選ぶ際は注意して下さいね。栄養価が高いのは当たり前の青汁、選ぶ上での1番のポイントは「美味しくて飲みやすい青汁」です。

苦手なものを購入してしまうと本当に飲み切らずに終わってしまうので、初めての青汁はサントリー「極の青汁」、次に挑戦するのは、今話題の明日葉を根まで使った「ふるさと青汁」か、ケール100%の「ファンケルの本絞り青汁」あたりが良いと思います。

CLEAR

青汁総合ランキング

人気の青汁を実際に飲んで、調べて、5つのポイントでランク付け。レビューと共に、おすすめの青汁をランキング形式でご紹介!

arrow arrow arrow arrow
青汁比較ランキング2015 年間総合第1位

1位極の青汁(サントリー)

極の青汁(サントリー)

商品情報を表示 ▼

毎日美味しく続けられる吸収率抜群の青汁

極の青汁は、あのサントリーが味に自信ありとして開発した青汁。宇治産煎茶と愛知産抹茶を絶妙なバランスで加えた事により、和菓子に良く合う上品な美味しさを実現した青汁です。

さらに、サントリーでは「ケルセチンプラス」と言う体内に吸収されやすいポリフェノールを独自開発。美味しいだけではなく、しっかり身体の栄養になる、まさに「極」の青汁です。

主原料 価格 内容量 1杯価格
大麦若葉・明日葉
(抹茶・煎茶)
¥3,888(税込) 30包(99g) ¥129.6
特典・備考 今なら10%増量
青汁シェイカープレゼント
全国送料無料
定期コースで10%OFF

極の青汁 総合レビュー

青汁ランク

評価点数

レビュー評価 レビュー評価 レビュー評価 レビュー評価 レビュー評価

CLEAR

青汁比較ランキング2015 年間総合第1位 極の青汁

毎日美味しく続けられる吸収率抜群の青汁

極の青汁の1番の特徴は、なんと言っても「美味しいから続けられる」と言うところですね。和菓子と一緒に飲むとまるで香りの良いお茶のように飲みやすく、お食事にもぴったり。牛乳と混ぜるとクリーミーな抹茶ラテになるのでデザート感覚でも飲んでいます。

こんなにも美味しい極の青汁ですが、栄養面もしっかりとケアしているのは流石サントリー。大麦若葉や明日葉をはじめ食物繊維やオリゴ糖など、健康的な原材料をふんだんに使った上で、サントリー独自の「ケルセチンプラス」により、野菜ポリフェノールの吸収率を高めていると言う優れもの。

1杯あたりの価格も決して高くなく、お財布にも優しいので、これから青汁をはじめてみようと言う方にもピッタリです。ケール青汁のにおいや味で挫折した方も、この極の青汁なら間違いなく美味しく飲めますよ。

  • 極の青汁の詳しい解説
  • 極の青汁の公式サイト

none

2位ヘルスマネージ大麦若葉青汁 キトサン(大正製薬)

ヘルスマネージ大麦若葉青汁〈キトサン〉 (大正製薬)

商品情報を表示 ▼

コレステロールが気になる人へ!トクホの青汁

ヘルスマネージ大麦若葉青汁〈キトサン〉は、「わしのマークの大正製薬です」のフレーズでおなじみの製薬会社が作るトクホ※の青汁。医薬品で培った品質と安全性が生かされた、高いクオリティの健康食品です。

血中の悪玉コレステロール値を低下させてくれるキトサンと栄養豊富な大麦若葉を組み合わせ、抹茶で飲みやすく仕上げています。毎食後にお茶感覚で取り入れて、コレステロール値を改善していけたらいいですね。

主原料 価格 内容量 1杯価格
大麦若葉末、還元麦芽糖、抹茶/キトサン(カニ由来)、トレハロース、増粘多糖類 初回限定価格¥1,080(税込) 30包(90g) ¥36
特典・備考 定期購入:初回限定70%off、2回目以降10%off、同社の定期以外の商品も10%off

ヘルスマネージ大麦若葉青汁 キトサン 総合レビュー

青汁ランク

評価点数

レビュー評価 レビュー評価 レビュー評価 レビュー評価 レビュー評価

CLEAR

悪玉コレステロールを撃退するトクホの青汁

ヘルスマネージ大麦若葉青汁〈キトサン〉は大麦若葉の栄養をフル活用し、コレステロール値正常化に役立つ青汁です。抹茶配合で食事にもよく合うので、毎日の習慣にしやすいでしょう。

健康保険組合は、LDL(悪玉)コレステロール139mg/dl以下、HDL(善玉)コレステロールは40mg/dl以上が基準値と定めています。これを上回ると生活習慣病の一つである脂質異常症と診断されますから、その前に生活習慣を改善する必要があります。

悪玉コレステロールが増加する理由は様々ですが、肉や油脂の多すぎる食事や運動不足、ストレスなど、肥満原因となる生活習慣とほぼ一致します。コレステロール値だけにとらわれず、生活そのものを健康的に保つことを心がけましょう。

実は、コレステロールを増やす大きな原因の一つに加齢があります。40~50代にかけては基礎代謝が一気に低下し、コレステロール代謝が滞って悪玉コレステロール値が上がってしまうのです。若い頃は正常値だったコレステロール値が、年齢を重ねるとどんどん上昇しがちなのはこのため。

大麦若葉青汁には、強い抗酸化作用があるSOD酵素が含まれていますから、加齢によるダメージ軽減にも期待が出来ます。キトサンと大麦若葉の相乗効果で、若々しく健康な身体作りが出来るといいですね。

  • ヘルスマネージ大麦若葉青汁〈キトサン〉の詳しい解説
  • ヘルスマネージ大麦若葉青汁〈キトサン〉の公式サイト

none

3位ふるさと青汁(マイケア)

ふるさと青汁(マイケア)

商品情報を表示 ▼

明日葉を根まで使ったポリフェノール青汁

ふるさと青汁と言えば明日葉を使った青汁の中でも、その根っこまで使っている珍しい青汁です。

「夕べに葉を摘んでも明日には芽が出る」と言う高い生命力から名づけられた明日葉。その明日葉の生命力の源である根も贅沢にもまるごと配合しています。

主原料 価格 内容量 1杯価格
明日葉・桑葉・大麦若葉 ¥4,104(税込) 30包(90g) ¥136.8
特典・備考 2箱以上で送料無料
定期購入「とくとく便」で10%OFF

ふるさと青汁 総合レビュー

青汁ランク

評価点数

レビュー評価 レビュー評価 レビュー評価 レビュー評価 レビュー評価

CLEAR

明日葉を根まで使ったポリフェノール青汁

明日葉を根っこまで使っている珍しい青汁、ふるさと青汁。その昔、明日葉の産地八丈島では、この明日葉の根を高麗人参の代用として珍重していたのいうのは驚き、それだけ栄養価が高いものなんですね。

また明日葉の根や茎には黄色い液体、「カルコン」と呼ばれる貴重なポリフェノールがたっぷり入っており、その栄養を惜しみなく摂れるのも特徴です。

そんな、ふるさと青汁の味は青汁っぽくない、ヨモギや笹のような風味がしました。青汁と言うよりは、少し苦みのあるお茶に近い雰囲気ですが、オリゴ糖も入っているためほんのりとした甘さもあり、比較的飲みやすい味に調整されています。

初めて青汁を飲もうと思っている方よりは、他の青汁も飲んだ事のある玄人向けな青汁です。

  • ふるさと青汁の詳しい解説
  • ふるさと青汁の公式サイト

none

簡単で美味しい青汁活用術!若葉さんの青汁レシピへ
迷ったらコレ!お得でお手軽なトライアル青汁
ファンケル 本搾り青汁 ベーシック バナー

4位黒糖抹茶青汁寒天ジュレ(興和新薬)

おいしい青汁(やわた)

商品情報を表示 ▼

甘いゼリーを食べながらダイエット?!

美味しいスイーツを毎日食べながら、お腹もスッキリ出来てしまう…そんな夢のような話を叶えてしまうのが、黒糖抹茶青汁寒天ジュレ(興和新薬)。

「青汁はやっぱり苦手」という人でも、美味しく食べられるスティックゼリータイプの青汁です。黒糖の旨味と抹茶の香り、ほのかな野菜とフルーツの風味があるジュレは、ダイエット中のおやつに最適な青汁と言えるでしょう。

主原料 価格 内容量 1杯価格
難消化性デキストリン、黒糖、ココナッツの花蜜、クマイザサ粉末ほか ¥2,160(税込) 30包(450g) ¥72
特典・備考 定期購入 初回限定2,160円(50%off、最低3回の継続が条件)、2回目以降¥3,888(10%off)

黒糖抹茶青汁寒天ジュレ 総合レビュー

青汁ランク

評価点数

レビュー評価 レビュー評価 レビュー評価 レビュー評価 レビュー評価

CLEAR

おやつや食前に食べて、ダイエットに期待!

完成度の高いスイーツのような青汁が、黒糖抹茶青汁寒天ジュレ。知らずに食べれば、青汁とは全く気付かないはず。たっぷりの健康・美容成分を凝縮し、寒天で固めた新感覚の青汁です。

これまでどんな青汁が飲めなかった人でも、この黒糖抹茶青汁寒天ジュレならば美味しく食べることができるでしょう。

袋から直接食べられるので、食器要らずで便利さは文句なし。食物繊維と乳酸菌が特に多いので、詰まりやすい人にお勧めですね。ダイエット中のおやつにも最適です。

つるっとした舌触りが美味しく、食後のデザートにしたいところですが、ダイエット効果を期待するならば食前や間食に食べる方がいいでしょう。豊富な食物繊維はお腹の中で膨らんで食べすぎを防いでくれますし、糖の吸収を穏やかにする作用もあります。また、噛むことによって得られる満足感もあります。

食物繊維たっぷりの美味しいジュレですが、青汁そのものの成分はやや少な目。野菜不足解消も考える人には、少し物足りないかもしれません。そんな時は、上質な抹茶のように楽しめる神仙桑抹茶ゴールド (お茶村)や、ランキング一位のサントリーの極の青汁など、お茶として美味しく飲める青汁と組み合わせるのもオススメです。

  • 黒糖抹茶青汁寒天ジュレの詳しい解説
  • 黒糖抹茶青汁寒天ジュレの公式サイト

none

5位おいしい青汁(やわた)

おいしい青汁(やわた)

商品情報を表示 ▼

8種類の国産野菜が入った甘みの強い青汁

やわたのおいしい青汁は、船越英一郎さんでおなじみの、有機農法で栽培された8種類もの野菜が入っている青汁です。

また商品名にもあるとおり毎日飲むものだからこそ「美味しさ」にこだわって開発されており、粉っぽさや苦い後味もなく、甘くて飲みやすいのが特徴です。

主原料 価格 内容量 1杯価格
大麦若葉・ケール・桑葉 (モロヘイヤ・緑茶・抹茶・キダチアロエ・ゴーヤ) ¥4,100(税込) 30袋(120g) ¥136.6
特典・備考 定期購入で10%OFF
3,570円(税込)以上で送料無料

おいしい青汁 総合レビュー

青汁ランク

評価点数

レビュー評価 レビュー評価 レビュー評価 レビュー評価 レビュー評価

CLEAR

8種類の国産野菜が入った甘みの強い青汁

やわたのおいしい青汁は、大麦若葉、モロヘイヤ、ケール、桑の葉、緑茶、抹茶、アロエ、ゴーヤの8種類もの野菜が入ったバランスのとれた青汁です。これほど沢山の種類の青菜を使っている青汁もなかなかありませんね。

栄養価と飲みやすさを追求したと言うその味は、他の青汁と比べるとかなり甘め、青汁だと身構えながら初めて飲むと、思わず「甘い!」と口に出して言ってしまう程。とは言ってもジュースほど甘いわけではなく、苦みや粉っぽさがない分、総合的には飲みやすい青汁です。

その他の栄養素としては、「おいしい青汁」1杯で76μgの葉酸が摂取できるので、特に野菜不足を感じている女性には嬉しいですね。

価格は1杯137円程度と青汁の中では若干高めではありますが、8種類もの野菜が原材料として使われている事を考えると、妥当な価格ではないでしょうか。

  • おいしい青汁の詳しい解説
  • おいしい青汁の公式サイト

none

何を重視して青汁を選ぶと良いの?

ここまで、青汁について色々見て来ましたが、一口に青汁と言っても本当に色々な種類がありますね、そろそろ何か気になるポイントが見つかって来ましたか?最後に、青汁を選ぶ際に抑えておきたいのが「青汁を何のために飲むのか」ということです。

青汁選びで迷ったら最後は「何のために飲むのか」と言う目的を考えて決めると良いでしょう。やはり青汁を飲むからには人それぞれ希望がありますよね。最低限の「3つ青汁選びのポイント」である「美味しい」「欲しい栄養素が摂れる」「安心して飲める」さえ押さえればハズレを引くことはないので、最後は自分が気になる青汁を選びましょう

なんとなく「栄養があって飲みやすい青汁は無いかな?」言う方は、すでに何度か出てきていますが「青汁の総合ランキング」で1位のサントリー「極の青汁」は絶対に外さないので、初めての方でも安心です。また、個別に気になるものがある方は下記のランキングなども参考にしてみて下さいね。

ページ先頭に戻る

Copyright (C) 2006 青汁比較ランキング All Rights Reserved.